ここから本文です

私が不妊治療をやめた理由。仕事との両立でボロボロに【目指せデキたら婚!】

6/11(日) 8:50配信

女子SPA!

【おおしまりえの目指せ!デキたら婚】

 デキたら婚を狙って、独身だけど妊活をしている雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 不妊治療、それは始めたら最後、出産という幸せの道か、諦めるという道しかない、幸せと辛さが紙一重の人生選択です。

 デキたら婚を考える上で、最終的に行きつく可能性がある不妊治療とは、どのくらいの苦労を伴うものなのか。今回不妊治療を約3年おこない、最終的に子を諦めた女性に話を聞きました。

 彼女の名前はリサさん(仮名)。現在30代後半の彼女ですが、30歳の頃、約3年の不妊治療にトライし、現在は妊娠を望むことを諦めています。彼女が不妊治療を始め、そして諦めた経緯と、そのときの葛藤について教えていただきました。

◆突然始まる不妊治療、次々わかる驚きの事実に混乱

――30歳の頃不妊治療を開始されたということですが、当時の状況や実際おこなった不妊治療について教えてください。

リサ:きっかけはPMS(月経前症候群)に悩んで病院へ行ったことです。そこでチョコレートのう胞が見つかり、さらに元々の持病もあったので、不妊治療を勧められました。

 当時はまだ若かったので、「え? 今?」って思ったけれど、妊娠を考えるなら持病の調子が良いときにしなさいと勧められ、だんだんと子を持ちたいと思うようになりました。

 実際の治療はタイミング、人工授精、体外受精と段階を踏んで約3年間行いましたが、最終的に2回目の体外受精直前に持病の調子が悪化。私の体優先で不妊治療を断念し、実子を持つことを諦めました。

――不妊治療中は大変なこともあったかと思いますが、当時を振り返って特に印象深かったことなどありますか?

リサ:まず、治療という面では「そんなトコロに問題が!?」という驚きが多かったです。例えば検査の結果、私と夫の体液の相性は悪いらしく、通常の行為では膣内でほとんどの精子が死滅することがわかりました。

 また不妊治療に伴い持病のアプローチを変えたら、薬の効果により生理が重くなったのも驚きでした。それによりチョコレートのう胞へのアプローチも変えたりして、「そこで困るか!?」って驚きの連続で、本当に心身ともに疲れたというのが記憶にあります。

◆不妊治療と仕事、難しさはなぜ解消されないのか

――では不妊治療中の仕事について教えていただきたいのですが、治療と仕事を両立させるのは、やはり大変だったのでしょうか?

リサ:当時は派遣社員として働いていたのですが、会社が変革期にあったため、両立するのに苦労しました。病院へ行くため午前休を得ていたのですが、許可を取って行っていたのに、事情がうまく伝わってなくて、サボっていると疑われたりして……。

――会社には不妊治療のことを伝えたのでしょうか?

リサ:当時の上司には伝えましたが、その後上司が変わったので、きちんと伝わっていませんでした。改めて不妊治療宣言するのも変だなと思って、結局周知できず……。仕事も忙しくなって、最後は精神的に追い詰められていったように思います。

◆不妊治療中の再就職は非常に難しい?

――会社の状況と治療。板挟みになったリサさんは、最終的に体調を崩し、退職して体調をリセット。新たな派遣先を探すことにしたそうです。でも社会は、子を持ちたい彼女を暖かく迎えてはくれなかったようです。

リサ:会社を辞めて再就職を目指しましたが、今度は派遣先に不妊治療中では1社も紹介出来る会社はないと言われました。その時は「社会は子を生めと言うのに、女を支えてくれない!」って心底悲しくなりました。

――仕事と不妊治療を両立させるにはどうしたらよかったのか。当時を振り返り、彼女は一言つぶやきます。

リサ:最大の失敗は、迷惑だと思って周りに話さなかったことです。そりゃ午前休を取ったら迷惑だと思いますが、不妊治療は物理的に時間を使います。

 なんとなくの恥ずかしさや申し訳なさでオープンにできなかったのですが、結局そのことが自分の首を絞めたのかな。そんな反省は、今もありますね。

「不妊治療を周りに言えばよかった」そう彼女は話しますが、一般的に不妊治療は隠して行う人がほとんどです。言い難い、周りに気を使わせる、恥ずかしい、そんな目の前のネガティブな気持ちから隠すのだと思いますが、自分にとっての環境を整えるためにも、告知すべきなのでしょうか。簡単に答えは出てこない問題です。仕事と不妊治療について、一人一人がしっかりと考えて欲しいと思うのでした。

<TEXT、イラスト/おおしまりえ>

【おおしまりえ】

雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター

水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。ブログ・Twitter:@utena0518

女子SPA!

最終更新:6/11(日) 8:50
女子SPA!