ここから本文です

年収も顔も十人並みのササキさん(43)が若い美女と結婚できた理由

6/12(月) 15:00配信

マネーポストWEB

 男というのはなぜか若い女性を好む生き物。ある程度年齢を重ねた男性が若くてキレイな女性をゲットすれば、それだけでヒーロー扱いされることもある。現在、都内で暮らすササキさん(仮名・43歳)もそんな羨ましい経験をしたひとり。年収もルックスも十人並みの彼は、なぜ20代の美人女子と結婚できたのか?

 ササキさんは大学後、業界新聞に就職。42歳の昨年、29歳の女性と結婚した。ササキさんは入社20年目で年収が500万円程度。今どき「年収500万円」といえば、決して恥ずかしくない数字だが、突出した収入でもない。まずは彼の人となりを知る友人の山本さんが、ササキさんについて語る。

「ササキは身長も高く、難関大卒ですが、“デブなうえにKY”というモテ要素ゼロの男です。ルックスは、学生時代の『クッキーモンスター』『ジョンイル』というアダ名から想像して下さい」

 そんな彼が美女をゲットできた理由の1つが“強いハート”だったという。

「ササキの良いところは“良いと思ったら必ずアタックする”という点です。ササキの口癖は『待っているぐらいなら、自分から動いた方がラクだ』。簡単そうでなかなかできないことです」(山本さん)

 なかなか結果は出なかったものの、彼女を作ることは決して諦めなかったササキさん。しかしある成功体験により、1つのテクニックを覚えたそうだ。

モテ要素ゼロの男が覚えたテクニックとは?

「ある時、ついに彼女ができたと言うので話を聞くと、『28か29になると、“30までに結婚”というプレッシャーがあるから、交際のハードルが下がるみたいなんだよ』と言うんです。その時の彼女には、持ち前のKYっぷりを発揮してすぐにフラれてしまったんですが、この戦法にはかなり自信を持ったみたいです」(同前)

 ツッコミどころ満載のササキさんだが、女性を惹きつける要素はあった。1つは「貯金」だ。ササキさん本人が語る。

「給料は手取りで32万円ぐらいですが、家賃補助が月最大5万円まで出るのは大きいです。就職活動の時は年収モデルばかりに目が行きがちですが、家賃補助が月5万円ということは、年収ベースで60万円多いという計算になりますから。後は、車や海外旅行といったお金がかかる趣味を持っていないので、『毎月の給料は使い切る代わりに、ボーナスには手を付けない』という形で貯金を増やしてきました」

1/2ページ

最終更新:6/12(月) 15:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。