ここから本文です

欅坂46、大ブレークでお疲れ気味!?“non-noモデル”としても活躍の渡邉は謎の行動

6/12(月) 11:35配信

ザテレビジョン

6月11日の「欅って、書けない?」(テレビ東京)は、「私だけのツボネタグランプリ」を放送。欅坂46のメンバー間で流行っている内輪ネタの発表会が行われた。

【写真を見る】モデルとしても活動する欅坂46・渡邉理佐

各メンバーが、自分が面白いと思うメンバーのネタを紹介する形で番組が進行。

「織田奈那によるコロコロチキチキペッパーズ・ナダル」(推薦者・守屋茜)のような一般視聴者でも理解できるモノマネから、「齋藤冬優花の濃厚な投げキッス」(推薦者・長沢菜々香)、「渡辺梨加の怪獣風の歩き方」(推薦者・石森虹花&齋藤)など、まさに内輪ネタと呼ぶにふさわしい一発芸がぞくぞくと発表された。

そんな中、米谷奈々未が推薦したのは、鈴本美愉と渡邉理佐による「『ファインディング・ニモ』に出てくるダーラのものまね」だった。ステージに並んで登場した二人は「私のピラニア、アマゾンにいるのだ~。おしゃかな(お魚)! 起きて~!」と劇中の1シーンを再現。

自らの芸に限界を感じたのか、渡邉は途中から苦笑ぎみ。終了後、MCの澤部佑(ハライチ)から「やってみてどうだった?」と振られると、「…楽しかった」とやや落胆気味にコメントし、もう一人のMC・土田晃之から「嘘をつけぇ~い!」とツッコまれていた。

一安心した渡邉だったが、米谷から新たなリクエストが。「鈴本&渡邉による“ハートを見つける遊び”」を披露するために二人は再びステージへ。幕が上がるとお互いの袖口やセットの壁や床を指さし、高音ボイスで「あれっ!? ハ~ト~♪」と言うだけの謎の行動を披露した。

これを見たMCの二人は「これで爆笑できるっていうことは…だいぶお疲れなんですね」(澤部)、「分かったのは、欅はみんな疲れてるってこと」(土田)と納得していた。

次回は、6月18日(日)夜0.35より放送予定。

最終更新:6/12(月) 11:35
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)