ここから本文です

オリコンデイリーランキング1位の転校少女歌撃団、完売の3rdワンマンは大盛況!今秋には、2ndシングルリリース&4thワンマン開催

6/12(月) 17:00配信

otoCoto

4月25日(火)に初となる全国流通盤シングル「この世界にサヨナラして」をリリースし、オリコンデイリーチャート1位を獲得するなど、アイドルファンたちからの注目を集める今最も勢いのあるアイドルグループ「転校少女歌撃団(てんこうしょうじょかげきだん)」。

そんな「転校少女歌撃団」が、6月10日(土)にTSUTAYA O-WESTにて「3rdワンマンライブ~Hello New World~」を行った。

「転校少女歌撃団」は、松本香穂(まつもとかほ)、塩川莉世(しおかわりせ)、岡田夢以(おかだめい)、栗田恵美(くりたえみ)、松井(まつい)さやか、渚(なぎさ)まお、古森結衣(こもりゆい)による7人組。

Overtureとともにメンバーが登場すると、7人体制になってから(※2017年1月に、渚、古森が加入し、7人体制となる)はライブであまり歌われてこなかった「Peace World」「ナチュラル☆ハイ」「Love Range!」の3曲でスタートしフロアからの反応も上々。
直後のMCで古森が「7人体制になって初めてのワンマンライブということもあり少し緊張している部分もあるけど、まおと結衣が入って7人の転校少女が好きになってもらえるよう頑張ります!」と今回のライブに対しての意気込みを力強く宣言した。続いて、恋する女の子の気持ちを歌い上げたストレートなロックナンバー「恋はカムフラージュ」、恋愛のもどかしさを歌詞にのせたキュートなラップ曲「ときめけ☆アフタースクール!」という『恋愛』をテーマにした2曲でフロアの熱気が上昇していく。

ここで一旦メンバー5人が退場しユニット曲タイムに突入。岡田と栗田のとても不思議な世界観を持った「さかさまの世界」、さらに松本と松井と研修生の3人による力強い歌詞とダンスが特徴的な「PAINT GIRL」を初披露。

歌い終えた後、この研修生が千葉妃理(ちばへり)であることが発表されると、ファンから大きな歓声が巻き起こった。彼女は昨年の冬に開催した新メンバーSHOWROOMオーディションに参加しており、1月に新加入したメンバーである渚らと争っていたがその際は残念ながら落選していた。リーダーの岡田によると「今後いろんなところで一緒に活動をしてくのでご期待ください」とのことだ。

そしてここから一気に「TRIGGER」「私の絶対領域」「ロシアンルーレット」「猟奇的You&Me」「With You」という、彼女たちの真骨頂ともいうべきエモーショナルなナンバーを5曲続けて歌い上げライブは後半戦に突入。もはや転校少女歌撃団の代表的な曲となりつつある「じゃじゃ馬と呼ばないで」でこの日一番の盛り上がりを見せ、この時期にぴったりなサマーチューン「サマーサマー皆SUMMER」、そして先日リリースされたシングル表題曲「この世界にサヨナラして」の3曲で本編が終了となった。

1/2ページ

最終更新:6/12(月) 17:00
otoCoto