ここから本文です

マイケル・ファスベンダー、「ダーク・ユニバース」シリーズに出演?

6/12(月) 19:40配信

MEN’S+

 今春、ユニバーサル・スタジオが過去の映画に登場した著名モンスターが一堂に会する新シリーズを制作することを発表しました。 
 
 トム・クルーズやジョニー・デップら人気俳優たちの出演が決まっていますが、ここに新たに加わる可能性の高い俳優がいるようです。

 ユニバーサル・ピクチャーズは、マイケル・ファスベンダーを『ダーク・ユニバース』シリーズに起用したいと考えているようです。
 
 2017年7月28日(金)に日本公開予定の『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を皮切りに、過去の映画に登場した著名なモンスターキャラクターを蘇えらせ、新たな映画作品「ダーク・ユニバース」シリーズを製作することに決めたユニバーサルは、新シリーズで起用したい大物俳優の選定を始めているようです。 
 
 トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の監督を務めたアレックス・カーツマンは、ユニバーサルが『X-MEN』シリーズでお馴染みのマイケルやジェニファー・ローレンス、その他にもアンジェリーナ・ジョリー、シャーリーズ・セロンら有名俳優たちを『フランケンシュタイン』『魔人ドラキュラ』の出演者として起用することに興味を示すだろうとして、「マイケル・ファスベンダーには出演してもらいたいよね。あと、ジェニファー・ローレンスやシャーリーズ・セロン、アンジェリーナ・ジョリーにも出演してもらいたいな――僕たちは『フランケンシュタイン』『フランケンシュタインの花嫁』『魔人ドラキュラ』『大アマゾンの半魚人』『オペラ座の怪人』『ノートルダムの鐘』『透明人間』を製作することになっている。これらの映画に登場するキャタクターたちをより発展させることもできるし、スピンオフ作品も製作するかもね」とコメントしました。 
 
 これまでにハビエル・バルデムがヴィクター・フランケンシュタイン医師、ジョニー・デップが『透明人間』の主人公として出演することは発表されているものの、それ以外の作品についての詳細はまだ明かされていません。 
 
 またカーツマン監督は、マーベルの「アベンジャーズ」シリーズやDCの「ジャスティス・リーグ」シリーズのように、それぞれのストーリーに登場する「モンスターたちを関連づける」ことを計画しているようです。「Fandom.com」へのインタビューでカーツマン監督は、「世界中のモンスターたちにまつわる神話を掘り下げていくことは、すごく面白いと思うんだよね。それに僕らが知っているモンスターたちを、他の思いがけないようなモンスターと関連づけることも面白いと思うよ」と語っています。

MEN’S+/BANG SHOWBIZ

最終更新:6/12(月) 19:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!