ここから本文です

『ゴッドファーザー』、映画史上最高傑作に選ばれる!

6/12(月) 19:31配信

VOGUE JAPAN

『ゴッドファーザー』が映画史上最高の作品に選ばれた。アル・パチーノとマーロン・ブランド主演によるドン・ヴィト・コルレオーネ一家の犯罪組織を追った1972年公開の同作品が、エンパイア誌主催の5000人の映画ファンによる投票で1位に輝いた。

アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロが出演する『ゴッドファーザー PART II』(74)のフォトギャラリー。

第2位には2014年の同投票で1位を獲得したこともある『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』が続き、『ダークナイト』が3位、『ショーシャンクの空に』が4位、『パルプ・フィクション』が5位となっている。

また10位圏内には『グッドフェローズ』『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』『ジョーズ』『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』『ロード・オブ・ザ・リング』らが名前を連ねている。

エンパイア誌の編集長テリ・ホワイト氏はこの結果について、『ゴッドファーザー』は公開から45年の時が経っているにもかかわらず、今でも映画ファンから愛され続けているという結果を見ることは素晴らしいことだとコメントしている。

その一方でファンが選ぶ最近公開されたヒット作品のカテゴリーでは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が1位に輝いている。

映画史上最も素晴らしい映画リスト100は今月15日発売の『エンパイア』誌、そしてwww.empireonline.comで発表されることになっている。

Bangshowbiz

最終更新:6/12(月) 19:31
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年10月号
2017年8月28日発売

700円(税込み)

日本人ロックスターとして、YOSHIKIが『VOGUE JAPAN』の表紙に初登場!
人気モデルのミカ・アルガナラズと豪華競演。