ここから本文です

映画『ダンケルク』の予告編が凄すぎて、本編への期待も高まってくる!

6/12(月) 22:10配信

エスクァイア

 『インセプション』や『ダークナイト』シリーズを手がけ、一気に知名度を上げた映画監督、クリストファー・ノーラン。 
 
 このたび公開された新作『ダンケルク』の予告編は、実に素晴らしいものでした。

【 予告動画を見る!! 】 クリストファー・ノーランが初めて挑む実話ベースの戦争映画に注目! 映画『ダンケルク』の予告編が凄すぎ……

 どんな映画でも2分30秒に凝縮されると、驚くほど素晴らしい作品に見えるものです。
 
 特にそれがアクション映画であれば、なおさらです。今回公開された予告編では、戦闘機が飛び交う短いワンカット、爆撃シーン、砂浜で疲弊する兵士たち、ボートから叫ぶ人々が映し出されています。私たち同様に皆さんも、150秒間のスリルに興奮してしまうはずです。逆に興奮しない方が難しい…。 
 
 この『ダンケルク』の予告編には、ひと味違う魅力もあります。 
 
 ぜひ予告編を一時停止して、シーンの美しさや、残酷面もありますが繊細な描写に目を凝らしてみてください。少なくとも、この短い映像の中で目撃した撮影技術は、気絶してしまうほど素晴らしい内容に凝縮された内容だと言えます。 
 
 熱を帯びるオーケストラの演奏に、時計の針の音が響きます…。この予告編を観ている時間は、あなたの今までの人生の中で最も心動かされる瞬間(とき)になるはずです。もし、クリストファー・ノーラン監督がこの熱い興奮を数時間の本編でも保つことができるなら、本作は今年最高の映画の1本になることでしょう。 
 
 ノーラン監督にとって、初めての戦争映画である『ダンケルク』。そこで1940年に、フランスからイギリスまで40万人の兵士を撤退させた軍事作戦を描いています。主要キャストとして、若き歩兵にはフィオン・ホワイトヘッド、戦闘機パイロットにはトム・ハーディー、民間船の船長にはマーク・ライランスなどの顔ぶれが並びます。 
 
 また、ワンダイレクションのメンバーであるハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナーやキリアン・マーフィーも登場。本作のスケールが、実に壮大であることが理解できるかと思います。ノーラン監督はCGの力を借りずに、アンティークといえる本物の戦闘機や実際の人を映画に登場させたのでした…。 
 
 『ダンケルク』は、日本では2017年9月9日(土)に公開予定。クリストファー・ノーランが3年ぶりに手がけた本作に要注目です!

Esquire US

最終更新:6/12(月) 22:10
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます