ここから本文です

【今週の対決】生のどら焼き、あんぱん…甘味は「和」!

6/12(月) 6:06配信

女性自身

話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(42歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。“勝手に対決”させるこの企画。今回は、冷やしてもおいしい「生感覚のスイーツ」対決だ!

■原宿「生クリームあんぱん原宿」

最初に向かったのはラフォーレ原宿にある「生クリームあんぱん原宿」。横浜の人気パン店のオーナーで、パンのワールドカップといわれている国際コンクールのPR大会で日本代表を務めた児玉圭介氏が監修。甘すぎず軽すぎない生クリームとあん、そして、冷やしても硬くならないという独自製法のパン生地が特徴。薄めの生地は軟らかく、中にびっしりと生クリームとあんが入っている。

小さめなのでペロリと1個食べられる。小倉あんのほかに、紫芋、珈琲、抹茶、期間限定(このときはずんだ)のあんがあって、いずれもしっかりとした味。めた坊は苦味がアクセントの抹茶(259円)と、香ばしさが特徴の珈琲(259円)がお気に入りに。生クリームとあんの相性のよさを再確認できた!

■池袋「DOU(ドウ)」

次に向かったのは、池袋駅構内にある生どら焼きの専門店「DOU」だ。オープン直後の訪問だったため、25分待ち。けれど製作過程が見えるようになっているので、どんな工程を経て完成するのか観察することができた。ちなみに店名の「DOU」は、武道や茶道の“道”、英語で生地を意味する“Dough”から来ているそう。

1つずつ丁寧に箱詰めされた商品はやや大きめ。さっそく、生どら焼き(324円)を食べてみると生地はふわふわ、そして上品な甘さのあんと、軽い口当たりの生クリームが絶妙なハーモニー。お店が掲げているキャッチフレーズのとおり新感覚、冷やしてもおいしい和スイーツだった!

【めた坊ジャッジ】あんこと生クリームの“ひんやりコラボ”に感動。今回は引き分けだ!

最終更新:6/12(月) 14:11
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ