ここから本文です

アーセナル移籍浮上のレスターMFマフレズ 「噂とオファーには差がある」と内情告白

6/12(月) 15:50配信

Football ZONE web

「今去るのが良い時期」と語るマフレズ、ベンゲル監督から高い評価を受ける

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティで、今夏の去就が注目されているのはアルジェリア代表MFリヤド・マフレズだ。アルジェリアのテレビ局「エルヘダフ・テレビジョン」に出演し、今夏の移籍願望を口にしているものの、具体的なオファーはまだだと明言している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 マフレズとレスターは今季プレミアリーグで一時残留争いに片足を突っ込むなど苦難のシーズンを過ごした一方、初出場となったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でベスト8進出を果たし、欧州の舞台でも十分に戦えることを証明した。

 現在26歳という年齢もあって、マフレズは移籍に最適なタイミングと捉えているようだ。「僕は今チームを去るのが良い時期だと思うよ。このフットボールクラブ(レスター)で全ての経験をしたからね」と話していることもあり、去就に注目が集まっている。

 そのなか移籍候補の最有力と見られているのがアーセナルだ。アーセン・ベンゲル監督がその能力を高く評価し、オファーするに値すると示唆したとも伝えられている。この報道を受けてマフレズは以下のように話している。

アーセナルとは「交渉のテーブルにすら…」

「世界のサッカーでこれだけの偉大な監督から称賛してもらうことは、とても光栄なことだよね。だけど言葉での噂と、具体的なオファーには差がある。ベンゲルも言っている通り、まだ具体的なものは何もなくて、交渉のテーブルにすら着いていないからね」

 このように内情を告白したマフレズは、アーセナル以外にもチェルシーやモナコなど候補先にいとまがなく、本人も「僕の将来がどうなるかはそのうち分かるだろう。今の時点で僕はどこでプレーするか本当に分からないからね」と煙に巻いた。

 ミラクル・レスターを支えた魔術師の動向には今後も注目が集まりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/12(月) 15:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。