ここから本文です

移籍金120億円FWの争奪戦にリバプール参戦 育成に定評のあるクロップ監督が代理人に接触か

6/12(月) 19:40配信

Football ZONE web

18歳超新星ムバッペにレアルやアーセナル、PSGも関心

 今夏の移籍市場で最大の目玉と目されるモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得争奪戦に、若手の発掘と育成に定評あるユルゲン・クロップ監督率いるリバプールも参戦することになった。英紙「デイリー・メール」はドイツ人指揮官がムバッペの代理人に接触したと報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ムバッペにはすでにレアル・マドリードやアーセナル、パリ・サンジェルマン(PSG)などビッグクラブからの関心が伝えられ、移籍関連ニュースでその名前を見ない日はないほどの人気となっている。

 移籍金1億ユーロ(約120億円)と言われるムバッペの争奪戦で新たな動きを見せたと言われているのがリバプールだ。ドルトムントで日本代表MF香川真司など若きタレントを積極的に登用し、トップレベルに引き上げたクロップ監督がムバッペの代理人とコンタクトを取り、事前交渉を行ったとされている。

 18歳の超新星ムバッペは、ビッグクラブから引き手数多のなか、自身の将来についてどのような決断を下すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/12(月) 19:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新