ここから本文です

楽天スーパーポイントだけじゃない! ショッピングポイント窃盗団のヤバイ手口

6/12(月) 6:00配信

週プレNEWS

5月30日に配信された朝日新聞デジタルの報道によると、昨年から「楽天スーパーポイント」が不正使用される被害が多発!

被害額は約900万円で、中国の犯罪集団の関与も…。ユーザーのショッピングポイントが盗まれているようだが、その手口とは?

* * *

―ネットサービスの不正使用は“IDとパスワードの流出”から始まる感じですけど、そもそもIDやパスワードって、どれぐらいの量が漏れてるんでしょうか? ハッカーでネットセキュリティに精通する石川英治さん、お願いします!

石川 国内ですと、昨年11月に「Ameba」が、他社サービスから流出したと思われるIDとパスワードを使ったハッキングを受けました。このときの不正ログインの試行回数が約3800万回。

―と、いうことは…?

石川 最低でもこの数のIDとパスワードが流出しています。

―お漏らし多すぎッ! どうしてこんなことに?

石川 ほとんどは各種ウェブサービスにハッカーが攻撃して流出したものになります。

―で、IDとパスワードを裏ルートで入手した悪党が、それを使って不正ログインと。その手口は?

石川 通称“リスト型攻撃”と呼ばれるハッキングが主流です。

―リスト型攻撃とは?

石川 ウェブサービスのログイン画面に、入手したIDとパスワードを片っ端から自動で入力して認証していくハッキング方法です。

―でも、ログインできないアカウントも多かったり、人手も機材も必要で、意外と効率が悪そうですが?

石川 いや、リスト型攻撃のシステムが入ったPC1台と、それを運用する人間が1名いればOKです。Amebaの場合は3日間でのログイン試行回数が約3800万回でしたが、そのうちログインに成功したのが約59万件。成功率1%超えですからね。効率はとてもいいですよ。

楽天が被害を受けたのも、リスト型攻撃になります。報道だと4ヵ月間で約140万件のIDとパスワードから、4万件の不正ログインに成功しました。スパコンを使ったら、もっと効率が上がりましたね(笑)。

―悪党にスパコンとか使わせちゃダメ、絶対! 

★『週刊プレイボーイ』26号(6月12日発売)「ショッピングポ イント窃盗団のヤバイ手口!」では、窃盗団のさらなる手口と重要なセキュリティポイントを解説!

(取材・文/直井裕太 イラスト/服部元信)

最終更新:6/12(月) 6:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.33
7月31日(月)発売

定価400円(税込)

空母いずも「緊迫の南シナ海」に初出撃!/
男が乗るべきゴツ顔カーベスト10/都ファ
「取材拒否」の真相【グラビア】AKB48
/わちみなみ/松本穂香/桜井えりな 他