ここから本文です

UAE、W杯予選でのカタール人主審を拒否。FIFAが交代を決定

6/12(月) 11:23配信

フットボールチャンネル

 国際サッカー連盟(FIFA)はUAEからの要請に応じ、UAE代表のワールドカップ(W杯)予選の試合を担当する予定だったカタール人主審を交代させることを決めた。『AP通信』が伝えている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 UAEやサウジアラビアなどの中東主要国は、カタールがテロ組織を支援しているとして、今月5日に同国との国交断絶を発表した。サッカー界にも様々な影響が及んでいる。

 ロシアW杯アジア最終予選で日本代表と同じグループBに入っているUAEは、13日にアウェイでタイ代表との対戦を予定している。当初この試合には、カタールの審判団が割り当てられていた。

 だがFIFAはUAEからの要請を受け、審判団の交代を決定したとのこと。「スポーツ上の理由と、現在の地理的・政治的状況を踏まえて決定が行われた」とFIFAの声明は述べている。シンガポールの主審が代役として試合を担当する。

 グループBは3試合を残す日本と、2試合を残すサウジアラビア、オーストラリアが勝ち点16で並ぶ混戦。勝ち点9で4位のUAEは非常に厳しい状況だが、残り3試合に全勝できれば予選突破の可能性も残る。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ