ここから本文です

痩せないのは「ジェットコースター血糖」が原因かも。最新プログラムで断糖してみた!

6/12(月) 6:30配信

Book Bang

この本を読んでゾッとしたこと。私は意思が弱いから痩せられないのだと思っていたのですが、実は食生活が原因で「ジェットコースター血糖」という状態に陥っていたようです。

「糖質制限」という言葉は聞いたことがあっても「ジェットコースター血糖」という言葉は聞いたことがない……という方も多いのではないでしょうか。

まずはご自分が「ジェットコースター血糖」に当てはまる生活かどうかチェックしてみましょう。

・朝すっきり起きられない
・いつも体が重く、イライラすることが多い
・朝食を食べない
・朝ごはんはパンやフルーツだけで済ませている
・昼食後に猛烈な眠気に襲われる
・ランチに丼ものやラーメンなど炭水化物をよく食べる
・飲んだ後に甘いものやラーメンを食べることがある
・歯周病がある
・缶コーヒーや甘いドリンクを飲んでいる
・パンや白米が大好き
・夕飯の時間が遅く、お菓子を食べてしまう
・糖質制限をしようとして、炭水化物だけを抜いている
・精神的に不安定になりやすい

仕事中に小腹が空いてご飯代わりにお菓子をつまんでしまう。付き合いという言い訳のもとに毎日のように飲み歩き、お酒を飲んだあとのラーメンが定番。朝すっきり起きられない。ランチのあとには猛烈な眠気。あまり食べていない「はず」なのに痩せない。流行の「糖質制限ダイエット」に飛びつこうとしてみるも、お米や麺類が大好きなので続かない……。

まさに、上記の多くが当てはまる生活を送っていました。コンビニなどで手軽に手に入る食品や外食で食べられるような食べ物や飲み物は、多くの糖質が含まれています。精製された砂糖や米、小麦粉など血糖値を急激に上げる食べ物にうまく対処する方法はまだ私たちの遺伝子には組み込まれていないのだそうです。

■ジェットコースター血糖とは

糖質の多い食事を摂ると、血液中にブドウ糖があふれ血糖値が急上昇します。それを下げるためにインスリンが大量に分泌され、血糖値が急降下。そうなると今後はまた軽い低血糖状態になり、空腹を感じて食べたり飲んだりしてしまう……そんなふうに、私たちは知らない間に血糖値に振り回されているのです。

血糖値の上下により感じる食欲に従うとジェットコースターのように血糖値が急激に乱高下を繰り返す……。その結果、食後の眠気やだるさ、集中力の低下に悩まされることになるのです。

さらに恐ろしいのは「ジェットコースター血糖」の状態が長く続くと、糖尿病に進行する可能性があることです。そればかりか、血糖値の乱高下は血管を傷つけるので、動脈硬化など突然死の原因になるといわれています。

脳卒中、急性心筋梗塞、認知症、がんなどの原因にもなるともいわれているジェットコースター血糖ですが、果たしてどのように対処したら良いのでしょうか? 

1/2ページ

最終更新:6/12(月) 6:30
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)