ここから本文です

SNSで不倫がバレた人たち…泥沼化した恐ろしい結末

6/12(月) 16:00配信

週刊SPA!

空前のゲス不倫ブーム(?)となった昨年。また’15年に注目を集めた不倫ドラマ『昼顔』の映画版も公開されたとあって、世の不倫への関心はますます高まりそうだ。とは言え、一般人の不倫はなかなかロマンチックな純愛物語にはならないし、ともすると泥沼化しがち。今回、そんな泥沼化が加速している昨今の不倫の現状を調査してみた。

◆SNSの普及がもたらしたバレやすさと拡散力

 気軽に不倫のチャンスを得られる一方、リスク管理が甘いと不倫の証拠を掴まれやすいSNS。

 特に、バレたらまずいとは知りながら、密会の痕跡を残す女には要注意だ。山口裕史さん(仮名・38歳・建設)はインスタグラムが不倫バレのきっかけになった。

「会うたびに、俺の手や足がさりげなく写り込むように店のご飯やお酒を撮影していた不倫相手。顔が写ってなければ大丈夫と油断していた自分が悪いんですが、妻には出張と偽って京都に不倫旅行をしたときも、相手はご丁寧に店名のハッシュタグまでつけて写真をインスタグラムに投稿していた」

 そんなこととは知らず、疑われないためにも、食事した店の写真を妻にメールしていた山口さん。

「そしたら、店名をインスタで検索した妻が不倫相手の投稿を発見。見覚えのあるシャツ&腕時計の“手”を見掛けたそうで……。妻は『あなた、私の旦那と不倫してますよね?』と自身のアカウントからコメントを書き込んだんです……。不倫相手とはすぐに別れましたが、妻の告発の書き込みを親や会社の人にまで見られた彼女は、弁明に苦しんで体調を崩してしまって。申し訳なかったと思います」

 リアルタイムで浮気現場を特定されてしまったのは、専業主婦の山本奈津子さん(仮名・31歳)。

「知らないうちにツイッターの裏アカウントが電話の『連絡先』と連携されていたようで、旦那側のアカウントに、私が『知り合いかも?』と表示されていたそうです。ある日、不倫相手とホテルで休憩中に、部屋画像をアップするなど“SEX実況中継”をしていたら、裏アカが私のものだと気づいた旦那が乗り込んできて、骨折するほどボコボコにされました……」

◆自爆上等で写真を投下

 また、SNSは“自爆テロ”の舞台にもなる。大田裕子さん(仮名・21歳・大学生)は別れ話でもめて、燃料投下に踏み切った。

「今までの不倫相手とのやりとりを全部フェイスブック上にアップして拡散、彼の会社の“問い合わせ先”にもやりとりのキャプチャー画像を送信。あと彼の子供の名前でインスタグラムを検索したら奥さんのアカウントが出てきたので、『あなたの旦那に犯されました!』と書きこんであげました。こっちは学生で、失う社会的信用もないし。彼はその後、離婚したようですが、知ったこっちゃないですよね(笑)」

 嫁から慰謝料請求をされたらどうするつもりだったのか気になるが、一度自爆を覚悟した人間に怖いものはないのだ。

 逆に妻側が浮気相手を特定し、仕返しするケースも。主婦の内藤淳子さん(仮名・44歳)の例だ。

「夫の浮気発覚後、相手女性のフェイスブックアカウントを見つけたんです。プロフィール欄に出身地、出身中学校が書かれていて、実家前で撮影している写真もあったので、グーグルストリートビューも活用しながら実家の住所を特定。旦那の携帯を盗み見て撮影した“浮気ハメ撮り写真”を持参して、相手のご両親にたたきつけました。親にハメ撮り写真見られるなんて一生の恥でしょ(笑)」

 SNSの拡散力と、嫉妬や怒りが結びついた瞬間、不倫バレは二人の問題に収まらず、一気に泥沼化するのだ。

◆嫁バレより大変な子供バレ

 ”不倫の子供バレ”は、時に嫁バレにも引けを取らないほど深刻な修羅場に繋がる。

「3姉妹の長女に、iPadを貸したときに、同僚との不倫の痕跡をフェイスブックで見られました。『家族を壊したくないからママには言わない』と言われたものの、何の話をしても『信用できない』と一切無視。毎日長女から逃げるように生活しています」(42歳・商社)

 さらに子供の人生を狂わせてしまう例も。

「『私のことも裏切り続けていたんだね』と、大学生の娘がリストカットし、引きこもりになった」(48歳・営業)

 ほかならぬ自分のせいで子供の人生を狂わせてしまうとは……。

― [不倫の泥沼化]が止まらない ―

日刊SPA!

最終更新:6/12(月) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月1日号
07月25日発売

¥400

・真夏の[早死に]ランキング
・[イライラする社会]への処方箋
・刺されたらヤバい[最凶殺人虫]図鑑
・セクハラ検定2017