ここから本文です

天皇家に関する素朴な「3つの疑問」を日本一やさしく解説

6/12(月) 16:00配信

週刊SPA!

 6月9日に天皇陛下の退位に関する特例法が成立。「光格天皇以来、約200年ぶりの譲位が実現」と各メディアが一斉に報じた。昨年8月8日に表明された陛下の「お言葉」から、およそ10か月。天皇家の在り方について、各所で様々な議論が飛び交ったが、憲政史家の倉山満氏は「そもそも圧倒的多数の日本人が、天皇のことを知らなすぎる」と訴える。つい先日、新刊『日本一やさしい天皇の講座』を緊急出版した氏に、天皇に関する「そもそも」の話を語ってもらった。

◆【疑問1】皇室はどうして必要なのか?

倉山満(以下、倉山):日本人が必要だと思っているからです。少なくとも、これまではそうでした。我が国は公称2677年、「神話」の時代を除いても、1400年の歴史を数えます。現存する国家のなかで、最長不倒記録を有しており、今もなお継続中です。その間、皇室がなくならなかったのは、日本人が必要だと思い続けてきたからです。今もそうです。仮に未来の日本人が「皇室や天皇なんていらない」と言ったら、おそらく必要なくなります。個人的には、そうなってほしくはありませんが。

――もし皇室がなくなると、日本はどう変わりますか?

倉山:そのときは、日本が日本でなくなります。皇室が国の中心であり、天皇が国の本来の持ち主である、というのが日本の国家体制ですから。これは歴史がつくった事実なので、好き嫌いの話ではありません。天皇を戴かなくなった国は、もう日本ではないんです。

――ゆえに、国民は天皇を崇拝すべきだと?

倉山:いえ、別にそんなことはありませんよ。我が国の歴史において、庶民が天皇を崇拝していた時代なんて、ほとんどないですから。権力者と一般人という垣根はあったとしても、「皇室と民」というのはもっと近しい関係。京都人が陛下のことを「天皇さん」と呼ぶのなんて、その親密さの表れでしょう。「天皇を崇拝しろ!」なんていうのは、明治時代の藩閥官僚あたりが言い出したこと。2600余年に渡る歴史のなかで、100年にも満たない期間のことなんです。

◆【疑問2】なぜ天皇は、自由に行動してはいけないの?

倉山:「新儀は不吉。だから先例を探す」という、皇室論議における大原則があるからです。時代が変化して、完全な伝統墨守ができないときでも、自分の意見を主張するのではなく、ご先祖様の歴史のなかに「先例」を探し求めるわけです。「昨日と同じ今日が、明日も続けばいい」が、皇室の幸福であり伝統。いい意味で、ノンキで平和な日本だからこそ、育むことができた文化です。

――「慣例に縛られた皇族の方々は可哀想」という声も聞こえてきますが?

倉山:そこはもう「感性」の問題です。この前もある大学生が、「なぜ先例に従わなくてはいけないんですか? 明快かつ論理的な答えを期待します」と質問をぶつけてきました。が、まず「明快かどうか」は主観的な問題ですし、「論理的か否か」についても、いったい何を基準に決めるつもりなのかと。論理というものの根源には、価値があります。その価値をどこに見出すかで、論理は変わるわけですから。

――いわゆる「価値相対主義」的な……?

倉山:そうです。まず何らかの価値が存在しないと、その説明が論理的であるかどうかは、証明しようがないんです。例えば、フランス革命では合理性を追求し、1か月を30日、1日を10時間などで計算する「フランス革命暦」を採用しました。合理性の面では論理的だったかもしれませんが、実用性の面では案の定しっちゃかめっちゃかになりました。一方で、日本では7世紀に宗教紛争が起こりそうになったとき、仏教側に「神様というのは仏様の仮の姿だよ」と説明し、神道側にはその逆を語り、事なきを得た。日本人はストーリーの合理性よりも、「平和」という実用性を勝ち取ったわけです。

――つまり、理屈じゃないと?

倉山:はい、だから「感性」の問題なんです。皇室廃止論者に何を言っても、結局は通じないんですよ。例えるなら、古代からの文化遺産を守ろうとする人と、「その土地を中国人に売り飛ばして、ビルを建てたほうが合理的」と主張する人が、話し合いにならないのと同じ。歴史のなかに存在する「個人の努力を超越した、人間的な努力」に価値を見出せない人に、いかなる理屈を並べてもムダなんです。

◆【疑問3】皇室が現代まで続いてこられた理由は何?

倉山:世界で日本の皇族だけが、途切れることなく続いた理由は……「タマタマ」です。普通なら王朝交代が起きそうなタイミングでも、その時代ごとに天皇を守ろうとする人々が現れ、現代まで存続することができた。何かひとつの理由があったわけではなく、様々な偶然が重なった結果です。それが具体的にどんな偶然の連続だったかは……ぜひ拙著『日本一やさしい天皇の講座』をお読みください!

「譲位について語るなら、せめてこれぐらいは知っておいてほしい」(倉山氏・談)との思いで書き下ろされた天皇論の入門書。125代続く歴史を俯瞰で読み解いた、『日本一やさしい天皇の講座』は、全国書店ほかで絶賛発売中。

<取材・文/ツクイヨシヒサ>

【倉山満】

1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。著者シリーズ累計35万部を突破したベストセラー『嘘だらけの日米近現代史』『嘘だらけの日中近現代史』『嘘だらけの日韓近現代史』『嘘だらけの日露近現代史』『嘘だらけの日英近現代史』『嘘だらけの日仏近現代史』のほか、保守入門シリーズ『保守の心得』『帝国憲法の真実』など。2017年6月、待望の新刊『日本一やさしい天皇の講座』を上梓

日刊SPA!

最終更新:6/12(月) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた