ここから本文です

トルコで2年ぶりの好指標、リラ相場上昇の兆しか

6/13(火) 18:00配信

マネーポストWEB

 高金利通貨として話題になることも多いトルコリラ。しかし一方でFX(外国為替証拠金取引)投資家の中には、「高金利通貨は、その国でいつ何が起こるか分からず、相場も安定しないため、投資対象には向かない」と考える人もいる。では今、高金利通貨であるトルコリラを買うことは危険なのか? カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんは、以下のように解説する。

 * * *
 トルコリラ円相場は今年の1月に1リラ=29.05円という歴史上最安値を記録してから、まだそれほど上昇していない水準でウロウロしており、「相変わらずよい買い場にある」と、私は考えています。もっと言うと、私は「今、トルコリラ以上に安心して買える通貨は他にない」とすら考えています。

 例えば過去のドル円相場を振り返ると、75.55円が歴史上最安値ですが、その価格からもう40円近くも上昇してしまっています。トルコ以外の通貨はみんな歴史上最安値からみれば高い水準で推移していて、トルコほどは安心して買えないと考えています。

 もちろん、「今後トルコリラ円相場が歴史上最安値を下抜けて下落する可能性は絶対にない」とは言いませんが、資金管理を徹底することが出来ていれば、必要以上に恐れる必要はないと思われます。

 ただ、このようなことをお伝えしても、「やっぱりトルコは危険で、トルコへの投資も避けたほうがよい」と思われる方も少なくないでしょう。そこで今回はトルコに関する最新の情報をお伝えします。

予想を大幅に上回る2年ぶりの好指標

 日本ではあまり知られていないかもしれませんが、実はトルコは観光立国でもあります。ただ、残念ながら近年はテロやクーデターの影響から観光客の足が途絶えていました。

 しかしここ最近になって、ようやく観光客が戻って始めています。日本の旅行会社がトルコツアーを組み始めていて、新聞などでもその広告を見かけるようになりましたし、観光客が戻ってきていることがしっかりと数字としても表れてきました。

1/2ページ

最終更新:6/13(火) 18:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。