ここから本文です

小栗旬&西島秀俊がクランクアップで抱擁!気になる最終話は!?

6/13(火) 12:00配信

ザテレビジョン

6月13日(火)に最終話を迎える「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(夜9.00-10.09、フジ系)より、小栗旬と西島秀俊から見どころを語ったコメントが到着した。

【写真を見る】クランクアップでは、小栗旬が西島秀俊に熱いハグ!

本作は、警察の秘密部隊”特捜班”の活躍を直木賞作家の金城一紀が描いた骨太なアクションエンターテインメント。

第9話では、特捜班の前に稲見(小栗)の自衛隊時代の同僚である結城(金子ノブアキ)が現れる。そこで、結城はあるテロ計画を遂行するため、特捜班メンバーもろともオフィスを爆破してしまう。

そして最終話では、結城と戦うことを決意した稲見を始めとする特捜班が、反撃を開始。だが一方で、結城は総理大臣・岸部(竜雷太)の狙撃をもくろんで…という展開になっていく。

最終話に向けて小栗は、「稲見と結城のバトルは、技術と技術のぶつかり合いから一瞬の隙が命取りになるような殺し合い、そして最後には高校生のようなケンカになります。泥臭い男の戦いをご覧いただければと思います。

『正義とは何だろう、自分が命をかけて行う仕事は本当に国のためになっているのか…』と国家に対して不信感を持つ稲見が、自分自身と決着をつけようとします。とても面白い話になっていますので、最後までお楽しみに!」とコメント。

さらに、西島も「小栗君と金子君の壮絶なアクションシーンを楽しみにしています。稲見の過去や本音も明らかになっていく中で、最後まで規格外のドラマになっています。怒とうの展開をぜひお楽しみください!」と語った。

熱い抱擁を交わして、ことし2月中旬にクランクアップを迎えた二人。これまで規格外の事件に挑んできた二人は、どんなラストを見せてくれるのだろうか!?

最終更新:6/13(火) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)