ここから本文です

「ミントデザインズ」が図書館の制服をデザイン

6/13(火) 21:30配信

WWD JAPAN.com

 俳優の伊勢谷友介が率いるリバースプロジェクト(REBIRTH PROJECT)の主導で発足した全日本制服委員会は、東コレブランド「ミントデザインズ(MINTDESIGNS)」とコラボレーションし、図書館管理業務の受託などを行う図書館流通センター(以下、TRC)の制服をプロデュースした。6月1日には、全国で約7000人が着用を開始。図書館スタッフの意識向上を目指す。

 新しい制服は、これまでのジップアップベスト型からジャケットスタイルにリニューアル。夏用と冬用の2タイプを用意する。夏用のポロシャツは、TRCのコーポレートカラーのブルーを採用。細襟でコンパクトなシルエットに、ブランドを象徴するワックススタンプ風の刺しゅうワッペンを胸元にあしらった。冬用のジャケットは機動性の高いニット素材を使用し、図書館の目録カードからインスパイアされたプリントや、本のしおりをイメージした胸元のリボンなど、図書館ならではの要素をデザインに落とし込んでいる。それぞれ、再生ポリエステル糸を織り込んだエシカルな素材が特徴だ。

 全日本制服委員会では、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックまでに1000万着の制服をエシカル化することを目指す。また、日本の再資源技術や生産技術を国内外にアピールする。

最終更新:6/13(火) 21:30
WWD JAPAN.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ