ここから本文です

【京都観光】人気和カフェの新作スイーツ!高級抹茶を贅沢に使った抹茶パフェ3選

6/13(火) 18:00配信

東京ウォーカー

夏限定の抹茶スイーツが続々登場するなか、抹茶パフェがさらに進化!ブームの「濃い抹茶」を贅沢に使った、人気の和カフェのパフェを味わおう。<※情報は関西ウォーカー(2017年5月23日発売号)より>

【写真を見る】「無碍山房濃い抹茶パフェ」(1300円)/無碍山房 Salon de Muge

■ ほろ苦ソースで抹茶感が倍増!

「永楽屋 喫茶室」では、定番の抹茶パフェがリニューアル。器の底に新たに濃厚な抹茶ソースが入りさらに抹茶感が倍増。栗は1個のせから刻み栗に、黒蜜&きな粉もトッピングで食感や甘味、風味まで多彩に変身!

「楽・抹茶パフェ」(1080円)。香りのよい玉露アイスと宇治抹茶ゼリーでお茶ざんまい。大きい白玉ももちもちで食べ応え満点。

京都「井六園」の抹茶を使用したソース。ハト麦ほうじ粒の歯応えも抜群。

吹き抜け風の空間。週末は混雑、時間に余裕を持って。

■永楽屋 喫茶室<住所:京都市中京区河原町通四条上ル東側 電話:075-221-2318 永楽屋本店2F 時間:12:00~19:00(LO18:30) 休み:なし 席数:52席 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅よりすぐ>

■ ラングドシャの中は小宇宙のよう

「Sugitora」では、「クープ、デュ、モンド、ドゥ、ラ、パティスリー2015」で銀メダルを獲得した杉田晋一さんが作るなめらかなジェラート使いのパフェが話題に。ラングドシャの中に多彩な味が重なる驚きの味だ。

「抹茶パフェ」(1300円)。ほうじ茶ジェラートがのり、内側には抹茶ゼリー、クレームブリュレ、黒糖グラニテまで。

ラングドシャの中には抹茶ジェラートをベースに、6種のスイーツがぎっしり。

1階はジェラート8種を販売。「シングル」(400円~)。

■Sugitora<住所:京都市中京区中筋町488-15 電話:075-741-8290 時間:13:00~22:00(LO) 休み:火曜 席数:8席 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅より徒歩10分>

■ 料亭のおもてなし精神が生んだ抹茶のコクが際立つ濃厚パフェ

1912年創業の京料理店「菊乃井 本店」による茶房「無碍山房 Salon de Muge」がオープン。午後の喫茶タイムでは、本店でも提供される月替りのデザートをはじめ、最高級宇治抹茶を惜しみなく使い丁寧に作られたパフェなど、料亭クオリティの甘味を味わえる。

「無碍山房濃い抹茶パフェ」(1300円)。抹茶本来の香りやふくよかな甘味が凝縮した濃厚な抹茶アイスに、さっぱりとした抹茶ゼリー、ごまカステラ、白玉、小豆が調和。通年販売。

牛乳1Lにつき80gもの高級抹茶を使用して作る自家製抹茶アイスは大満足の濃さ!

桜やもみじなどが彩る四季の庭に臨む店内。織部焼の陶板を敷いた緑の床が印象的だ。

■無碍山房 Salon de Muge<住所:京都市東山区下河原通高台寺北門前鷲尾町524 電話:075-744-6260(問い合わせ)、075-561-0015(予約) 時間:時雨めし弁当11:00~12:30、13:00~14:30 喫茶、和甘味14:45~18:00(LO17:00) 休み:第3水曜 席数:24席 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より徒歩20分>【関西ウォーカー編集部】

最終更新:6/13(火) 18:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。