ここから本文です

UEFA、先攻が明らかに有利なPK戦ルール変更を検討中

6/13(火) 6:10配信

エスクァイア

世界中で愛され続けている人気スポーツ、フットボール(サッカー)。 延長戦でも決着がつかない場合はPK戦で勝負を決めますが、これまでは先攻の方が有利でした。そこで、より公平を期すためにUEFAが動き出したのでした。

【 トッティ選手、涙の引退式。正直、これほど感動するとは思わなかった… 】

 イングランド代表にはこれまで、「重要な試合でのPK戦には勝てない」という悩みがありました。果たして、このたびのルール変更は彼らにとって吉と出るのでしょうか。 
 
 「UEFA(欧州サッカー連盟)はゲームがより公正になるよう、PK戦のルール変更を検討している」と発表しました。たとえばPK戦で先攻Aチームと後攻Bチームが対峙した場合、これまでは先に蹴るチームが常にAというABABパターンでした。ですが、今回の新ルールでは、テニスのタイブレークのようにABBAパターンに設定されています。 
 
 つまり1人目がチームAで、2人目はチームB、3人目はチームBという改正に。1人目がどちらになるかは、現行と同様にコイントスで決めるとのこと。これはサッカーのルール制定機関であるIFAB(国際サッカー評議会)によって、「プレーフェアイニシアチブの一環として承認されたものになります。
 
 「先攻のほうが後攻よりも明らかに有利であり、最初に蹴ったチームの60%が勝っている」という調査結果を踏まえた上で、UEFAは「後で蹴る選手のほうが、明らかに大きな心理的プレシャーにさらされる」とコメント。さらにUEFAは、この新ルールでのトライアル参加に同意したのです。 
 
 そして、2017年5月2日からチェコで開幕するUEFA U-17女子欧州選手権本大会で実施。さらに、2017年5月3日からクロアチアで開かれるUEFA U-17欧州選手権本大会でも実施されることに。
 
 すると、UEFA U-17欧州選手権本大会でイングランド代表は見事決勝戦まで駒を進め、スペイン代表と対戦。そして、このルール改正の是非を問うかのようにPK戦までもつれこんだのです。 
 
 で、PK戦の結果は…。1-4でスぺイン代表の勝利! このルール改正が「是か非か」は、このトライアルではまだわかりませんが、イングランド代表が「重要な試合でのPK戦に勝てない」というUrban Legendは、ルールとは関係ないようです…。

ESQUIRE UK

最終更新:6/13(火) 6:10
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます