ここから本文です

無欲の2連勝。ドヴィツィオーゾ「100%で走ったわけじゃないのに」

6/13(火) 7:40配信

webスポルティーバ

「現実主義者」の2連勝である。前戦のホームグランプリで優勝を飾った際には「チャンピオン争いをするのは難しいと思う」と述べていたアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)だが、今回の勝利で25点を加算したことにより、ランキング首位のマーベリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ MotoGP)に対して7ポイント差に迫った。

【写真】レースクイーンも全開!GT500チームギャラリー

 第7戦・カタルーニャGPが開催されたバルセロナ・カタルーニャ・サーキットは、前戦のムジェロ・サーキット同様にシーズン屈指の盛り上がりを見せる会場で、今も長く語り継がれる名勝負もこの舞台で繰り広げられてきた。ただし、ここの路面は古いためにグリップが低くてタイヤの摩耗が大きく、さらにバンプ(路面の凹凸)も多い。しかも、季節的に初夏へ向かうこの時期は路面温度が上昇し、ただでさえタイヤに厳しいコンディションの悪化にさらに拍車をかける。

 つまり今回のレースは、ライダーたちが限界ギリギリまで攻めて速さを競う、というよりもむしろ、タイヤをうまく温存しながら可能なかぎり高い安定性を最後まで維持することができるかどうかが勝負の決め手になった。そこをもっともうまくマネジメントして勝利を収めたのが、「理」のライダー、ドヴィツィオーゾだった、というわけだ。

 ドヴィツィオーゾは金曜のフリープラクティスから、何度もこの条件の「異様さ」を強調していた。土曜日の予選では7番手タイム。決勝に向けて3列目スタートになったが、「ソフト側のタイヤではうまくタイムを出せなかったが、1ヵ月前にここでプライベートテストを実施したときもソフトタイヤはうまく作動しなかった」と、一発タイムで速さを発揮できなかったことは認めながらも、「レースでは表彰台争いをする自信がある」とも話した。

「明日の決勝は、タイヤがフレッシュな状態では誰も攻めることができないだろう。消耗も早くグリップもよくないので、この状況をうまくコントロールしなければならないが、自分たちのラップタイムは安定している」

 日曜午後2時、レース開始時の路面温度は54度。序盤からトップグループにつけたドヴィツィオーゾは、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)を早い周回でオーバーテイクし、今回の優勝を本命視されていたポールポジションスタートのダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)の背後にピタリとつけた。そして、レース後半でペドロサの前に出てトップに立つと、終盤で一気に差を開いた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか