ここから本文です

「テロ現場写真」をスクープしたメディアは、罰せられるべきか?

6/13(火) 8:20配信

WIRED.jp

2017年5月24日、米メディアは、英マンチェスターのテロ現場の詳細な現場写真をスクープ報道した。この「リーク」が事件の捜査を妨げるものとして、英首相が米トランプ大統領を非難する事態にまで発展している。そこではいったい何が論点となっているのか。

テロリストに情報をリークしたハッカーに懲役20年

ずたずたになったカリマーのバックパックの残骸に、飛び散った血。12ボルト電池の焼け焦げた破片。起爆装置だったかもしれない銀色の円筒。

5月24日に8枚のリーク写真を掲載した『NYタイムズ』にとって、それらの写真は「ニュース」であり、テロリストの意図と方法とをうかがい知るための貴重な存在だ。同誌編集主幹のディーン・バケットも、次のように述べている。

「爆弾の製造法から運搬した際の手段に至るまで、テロリストのやり方を人々に伝えることが公共に資すると、(掲載する)判断を下した」

しかし、英国当局にとって、それらの写真は「証拠」だ。公表されることで、事件の捜査は危険にさらされる危険性がある。

『NYタイムズ』は、22人が殺害された48時間経たないうちに写真を報道した。『ガーディアン』もNBCニュースもこれにすぐに続いた。が、一連のリークは、英国首相テリーザ・メイを激怒させることになった。首相は米国当局を非難し、「両国の法執行機関間で共有される情報は安全に保たれなければならないことを、トランプ大統領に理解させる」と約束するに至った。

明らかになる、捜査官の「手の内」

それでは、これら8枚の写真からどれだけのことがわかるのだろうか? 実際のところ、写真は多くを語るのだという。訓練されていない眼には無害なものに見えるかもしれないが、専門家からすると、捜査官が何を知っていて何を知らないかをテロリストに教えうるのだという。

ジョージ・ワシントンのサイバー国土安全保障センターのシニアフェローで、元FBIエージェントのデビッド・ゴメスは次のように語る。

「仮に、犯行の裏にネットワークが存在し、ほかのメンバーがいるとしましょう。写真は、計画に関わるメンバーに、『おい、すべてが破壊されたわけじゃないぞ』と警告を発したことになります。彼らはそれらの写真を活用し、犯行を重ねることになるかもしれません」

米最高裁判所は、1859年以来「写真証拠」を採用しているが、犯罪捜査において写真はきわめて重要な役割を果たしてきた。さらにはその8年後、仏ローザンヌ警察が、初めて犯行現場の写真を撮影した。アルフォンス・ベルティヨンやロドルフ・A・ライスなどといった20世紀初頭の犯罪学者は、犯行現場の広角撮影や指紋、血液、弾痕などの接写撮影による記録資料のスタンダードを確立した。

いまでは、犯行現場の詳細な記録は、捜査官の助けとなるように、あるいは、陪審員が自分の眼で事物を見るために欠かせない。

一方で、捜査当局は、ときに意図的に写真を発表する。これは目撃者が名乗り出るのを促すし新たな手がかりを提供することを期待してのことだ。

しかし、リークとなると、また別の問題だ。

「どのような種類のリークも、捜査官を妨害することになるのです」と、ブレナン司法センターの自由ナショナルセキュリティプログラムのフェローで、元FBIエージェントのマイク・ジャーマンは述べる。「新聞の一面に自分たちの情報が出ているのを見たとき、捜査官は例外なく動転するでしょうね」

専門家によると、マンチェスターにおける写真が公開されることで、いくつもの問題が生じるのだという。

そもそも、捜査官は爆弾部品を分析して、それらがどこに由来するかを判断し、追跡を試みる。が、写真がばらまかれると、共謀者たちは、逃亡し、証拠を破棄し、あるいは次の犯行のために戦術を変更する機会を得ることになる。

「今回のように現場に何が残っていたのかがわかると、ISは、捜査官が事件のピースをつなぎ合わせるのを困難にするのにどのような種類の装置を組み立てるべきかを理解できるようになります」と、国土安全保障政策アナリストで元CIA軍事画像分析官のパトリック・エディントンは語る。

1/2ページ

最終更新:6/13(火) 8:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。