ここから本文です

仏NPO、不用靴下を新製品に「アップサイクル」

6/13(火) 22:33配信

オルタナ

フランスで、履けなくなった靴下をパソコンケース・ポーチ・衣類などに再製品化する「アップサイクル事業」が人気だ。テキスタイルの廃棄物を減らせるほか、企業や一般人のリサイクルへの関心を高められる。あるNPOでは失業者に縫製アトリエで縫製技術を教え、雇用につなぐ支援もしている。(パリ=羽生 のり子:オルタナ/Sustainable Brands Japan)

 NPO「片方の靴下」は、2008年に履けなくなった靴下のアップサイクルを始めた。縫製アトリエは、異なる文化的背景を持った人や職人、アーティストが多く住む庶民的なパリ18区にある。

 そこにフランス全土から、片方の靴下や履けなくなった靴下が詰まった小包が届く。主宰者のマルシア・ド・カルヴァド氏は「ロレアル、フランス国鉄(SNCF)、パリ交通営団(RATP)も送ってくる」と言う。

 近くのモンマルトルには布地屋が並び、布市もある。回収した靴下は洗って、地元の布地屋から出るウールの端切れと混ぜて、南仏の製糸工場で糸に再生する。それをパリの工房で製品化する。

アトリエでは、職を探している地域住民が編み物・縫製・刺繍などを学び、プロとして就職するスキルを身につけるための研修を行っている。

 ド・カルヴァド氏は、「失業者の社会復帰支援・リサイクル・国産品の生産が活動の目的だ」と説明した。セーター、靴下などはアトリエのほか、デパートでも販売している。パソコンケースやポーチは、企業が得意先へのプレゼントとして購入する場合が多い。それが企業のリサイクル意識や社会貢献をアピールすることにもなるからだ。

 ポーチは38ユーロ(4712円)、靴下は1足18ユーロ(2232円)と、スーパーで買う通常品より高いが、商品に付属する環境意識や社会貢献の価値も含めて買うのだといえる。「片方の靴下」は、パリ市とパリ18区の支援も受けている。

「サステナブル・ブランド ジャパン」より転載

最終更新:6/13(火) 22:33
オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

第一特集「難民・人権問題でビジネスは無力か」
ゴールドマン・サックス証券、プロボノで支援
難民支援 独、米国、韓国の最前線を追う
企業の人権問題、成長・リスクの分水嶺