ここから本文です

彼より魅力的にバットマンを演じた役者はいなかった

6/13(火) 12:30配信

WIRED.jp

米俳優アダム・ウェストが88歳で亡くなった。1966年に始まったテレビシリーズ「バットマン」で主人公を演じた彼は、その人生を通してバットマンとともに生きた男だった。『WIRED』US版シニアライターのブライアン・ラフテリーが、ウェストの魅力を綴る。

原野に放置されていた1963年の「バットモービル」がクラシックで美しい

アダム・ウェストは、初代バットマンではなかったかもしれない。ウェストがマスクを着けるよりずっと前、1940年代の連続ドラマに「ケープをまとった十字軍騎士」(Caped Crusader)が登場している。さらにのちに続くバットマン役の影響で、彼の存在感は確実に薄くなっていった。だが、先日88歳で亡くなったウェストほど、ダークナイト(暗黒の騎士)を魅力たっぷりに演じた役者はいなかった。

バットマンシリーズの第1話は、1966年1月12日に公開された。ウェストは、型破りの億万長者で、実は正義の味方であるキャラクターを演じる最善の方法を、ほとんど直感的に理解していた。奇抜な悪漢と間抜けな官僚たちの世界で、外見上はもっともまともな人物をつくりあげたのである。

辛抱強く無味乾燥な口調でバットマンの推理を披露する、熱心かつ真剣に教訓を与える、ジョーカーやエッグヘッドの陰謀に対してショックを受けて驚き、嫌悪感を露わにする──。ウェストが演じるバットマン(もちろん、ブルース・ウェインも)は、いつもいちばんスマートかつ誠実で、彼は3シーズン続いたシリーズでその演技に没頭した。

ウェストのバットマンは、常に変わり者と紙一重だった。彼は文字通り、また比喩的にも、決してまばたきをしなかった(知っているかもしれないが、当時はバットマンの目はまだ見えたのだ)。こうした理由から、このシリーズはいまだに最高にコミカルで風刺のないテレビ作品のひとつとなっている。「古臭い」と言いたければ、そう言えばいい。だが、そこにはストレートな魅力があるのだ。

バットマンとともに生きた男

バットマンとしてデビューした当時、ウェストは中年に差しかかった映画界のヴェテランで、西部劇、テレビドラマ、B級SF映画といった作品に出演していた。バットマン役は長くは続かず、出演後の70~80年代にかけて仕事のスランプに陥っていたにもかかわらず、バットマンはどこにいってもウェストについて回ることなった。それも、しばしば素晴らしいかたちで。

ウェストは1991年、犯罪と闘う探偵役をテレビドラマ「Lookwell」で演じた。そのパイロット版はコナン・オブライエンとロバート・スミゲルが共同執筆したもので、ウェストの真面目くさった顔や明らかにバットマンを思わせる仕草を、解体し、再構築することに成功している。

その後、ウェストは「シンプソンズ」で自身の“バットマン後のペルソナ”を、見せかけの上品さをもってつくっていく。彼は1992年の「Batman: The Animated Series」にもグレイ・ゴースト役で出演。その秘密のヒーローの正体は、偶然にも挫折したかつてのテレビスターだった。

ウェスト自身は、過去を嘆いたり後悔したりしているようには見えなかった。定期的にコンヴェンションに参加し、2015年の「ロボットチキン」スペシャルや2016年のアニメ映画『Batman: Return of the Caped Crusaders』のために、自身が演じたバットマンの最高傑作を再現して見せている。公開予定の『Batman vs. Two-Face』では声優として契約していた。

1/2ページ

最終更新:6/13(火) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。