ここから本文です

ハリルJ不動のDFリーダー吉田が“賢守”宣言 「審判との関係も含めてプレーする」

6/13(火) 11:00配信

Football ZONE web

ミスは禁物「後ろがしっかり耐えて、先制点を与えないこと」

 日本代表は13日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選でイラクと対戦する。7日のキリンチャレンジカップ・シリア戦(1-1)でキャプテンを務めた吉田麻也(サウサンプトン)は、開催地となる中立地テヘランの劣悪なピッチコンディションと気温30度を超える気候を警戒。「ミスから失点すると、フィジカルもメンタルもきつくなる」と守備の安定を求め、そのためには「審判との関係も踏まえてプレーしないと」と、賢さが不可欠になると説いた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 吉田は試合会場のPASスタジアム(シャヒード・ダストゲルディ・スタジアム)について、「ところどころバウンドが変わったり、柔らかかったり固かったりするので、イレギュラーを想定しながらプレーしなければいけない」とコメント。また、「暑さと乾燥が相当あるので、のどの渇きは非常に多くなると思う。集中力の欠如や判断ミスが起こることを想定して、お互いにカバーしながらプレーしないといけない」と気候も試合に大きな影響を及ぼすと警戒を強めた。

 相手の勢いに呑まれないためにも、守備面のほころびは禁物だ。ディフェンスリーダーの吉田は「ミスから失点するとフィジカルも精神もきつくなるので、賢くプレーしないといけない」と“堅守”、そして“賢守”を誓った。

「(イラクは)若い選手たちなのであまり勢いに乗らせないように、立ち上がりから僕らが試合をリードできるようにしたいし、先制点を与えないこと。まずは後ろがしっかり耐えて、後半必ず落ちてくると思うので、そこで上手く仕留めるプランが良い展開と頭にあります。ただ、サッカーなのでそうもならない。苦しい時に踏ん張れるようにしたい」

怪我人続出の状況に「僕自身がリードしていかないと」

 負傷で戦線離脱中のMF長谷部誠(フランクフルト)に代わってハリルジャパンのキャプテンを務める吉田。「怪我人が多くて経験のあるメンバーが出ていない状況」で、「僕自身もリードしていかないといけない。審判との関係も踏まえてプレーしないと。賢くプレーするのにはそういう意味も含まれる。日本を背負ってプレーしているので、その責任を持ってプレーしないといけない」とビジョンを語った。

 MF香川真司(ドルトムント)が左肩の脱臼でチームから離脱するなど、攻撃陣の人選に注目が集まるなか、ハリルジャパン不動のDFリーダーの活躍が鍵となることも間違いないだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/13(火) 11:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新