ここから本文です

グリーズマンが“男気”残留へ 地元紙報道「2022年までの契約書にペンを持った」

6/13(火) 12:05配信

Football ZONE web

アトレチコには朗報、獲得を目指していたユナイテッドは方針転換へ

 残留か移籍かで去就が注目されていたアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、2022年までの契約延長に合意した模様だ。マドリードに拠点を置くスポーツ紙「マルカ」が、「2022年までの契約書にペンを持った」と報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 グリーズマンは今季リーグ戦で16ゴールを挙げ、チーム内得点王に輝いた。また、2年連続でベスト4進出を果たしたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも6得点を挙げ、安定した決定力を見せた。

 シーズン終了直後には「アトレチコ残留は10あるうちの7、マンチェスター・ユナイテッド移籍は同じく6くらいだね」と語り、去就に関しては五分五分の状況だと話したが、クラブが置かれている現状を踏まえて残留へと舵を切ったようだ。

 アトレチコは18歳未満の外国人選手獲得に関して違反があったとして、FIFA(国際サッカー連盟)から新規選手獲得禁止処分が下された。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えたものの裁定は覆らず、来年1月まで新戦力の獲得が不可能な状況となっている。そのため、もしグリーズマンが去るとなればクラブの根幹を揺るがすことになりかねないだけに、本人もそれを望まず、残留する“男気”を見せた。

「今チームを離れることは卑劣な手段」

 本人は自身のツイッターで「これまで以上にアトレチコだ」、「クラブにとってはタフな時期で、今チームを離れることは卑劣な手段だ」と綴り、残留を示唆している。それを受けて、「マルカ」紙の記事では「クラブ側と2022年までの契約書にペンを持った」と伝えている。

 正式にアトレチコ残留となれば、グリーズマン獲得を目指していたユナイテッドは方針転換を求められることになる。ユナイテッドがターゲットとしているレアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタらの獲得交渉にも、影響を及ぼしそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/13(火) 12:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新