ここから本文です

既婚男性30~40代のお小遣いの平均は月額4万977円、ではランチの平均額は?

6/13(火) 12:10配信

@DIME

総務省が発表した「家計調査報告(家計収支編)―平成28年(2016年)平均速報結果」によれば、二人以上の世帯のうち勤労者世帯(平均世帯人員3.39人,世帯主の平均年齢48.5歳)の実収入は、1世帯当たり1か月平均52万6973円で、前年に比べ名目0.2%の増加、実質0.3%の増加となった。では、世の働く男性たちの実際の懐具合はどうなのか。

【グラフ】既婚男性30~40代のお小遣いの平均は月額4万977円、ではランチの平均額は?

婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントは、30~49歳の既婚男性を対象に「既婚男性のお小遣い事情」に関するアンケート調査を実施。その回答状況と分析結果を公開した。

30~49歳の既婚男性を対象に、 1か月当たりのランチ代、飲み代、趣味や買い物などに使うその他の小遣いについて聞いた。その結果、毎日のランチ代の平均額は570円。お弁当を持参するのか、4人に1人は0円と回答し、中央値は500円だった。また1か月の飲み代の平均額は8326円、その他の小遣いの平均額は2万1312円。1か月20営業日で計算するとランチ代は1か月で平均1万1403円になり、結婚後の小遣いの平均額は1か月当たり4万700円ということになる。

既婚男性と言っても、共働き、妻が専業主婦、子供がいる/いないなど、家庭環境は多岐にわたる。環境によってお小遣いはどのくらい違ってくるのか。妻の就労状況別、子供の人数別にそれぞれ比較してみた。

まずは妻の就労状況別の比較から。1か月の合計を見ると、妻が「フルタイムで働いている」家庭が最も高く4万4040円、続いて「専業主婦」家庭が3万9787円、さらに「パートタイムで働いている」家庭が3万6260円となった。

続いて子供の人数別に集計してみた。1か月の合計額が最も高いのは「子供はいない」家庭の4万7878円。さらに子供が「2人」の4万634円、「1人」の3万8516円という結果に。やはり子育てにはそれなりにお金がかかるもの。子供が生まれると既婚男性のお小遣いは下がる傾向にあるようだ。

1年間の貯金ペースについても聞いてみた。回答者の平均額を算出すると、1年間に平均51万1028円貯金していることが判明した。

■調査概要
調査方法/インターネット調査
調査対象/30~49歳の既婚男性2200名
調査期間/2017年5月16~17日

文・編集部

@DIME編集部

最終更新:6/13(火) 12:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた