ここから本文です

レアル主将ラモス、宿敵DFとの友情強調 口喧嘩は恒例化も「友情が深化している」

6/13(火) 16:40配信

Football ZONE web

スペイン代表でバルサDFピケとコンビを組んだラモス、互いの友情について語る

 普段は丁々発止のやり合いをする2人が、呉越同舟となれば息が合う――。スペイン代表は現地時間11日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選マケドニア戦に臨み、2-1で勝利した。スペイン紙「スポルト」によると、この試合でDFジェラール・ピケ(バルセロナ)とセンターバックコンビを組んだDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)は「年を追うごとに友情が深化している」と強調した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 試合はダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)、ジエゴ・コスタ(チェルシー)とプレミア勢のゴールによってスペインが敵地で競り勝ち、イタリアと同居するグループGの首位をキープした。
 レアルと同じく「ラ・ロハ(スペイン代表の愛称)」でもキャプテンマークを巻くセルヒオ・ラモスは「勝ち点3を得られたのは本当に幸せだ。なぜなら苦しむと知っていたからね。僕らはまだイタリアとのとてもタフな試合が控えている。でもW杯への道を歩んでいるのは明らかだ」とチームの順調さを誇るとともに、センターバックで共闘したピケについてもこう触れた。

「ピケとともに、すべてが本当に上手くいったよ。僕らの間には良い友情があって、それは年を追うごとによくなっている。そして僕らそれぞれがピッチで一緒にプレーしているとき、皆さんもそれを目にすることができるだろう」

レアル祝勝会で「ピケの野郎…」と罵倒も

 ピケとの関係性について熱弁したのは、恒例化している“口喧嘩”があるからだ。ピケはレアルが優位な判定を受けると、SNS上やメディアを通じて皮肉を口にする。それに対してセルヒオ・ラモスを筆頭としたレアルの選手が反論する論争が、一つの流れとなっている。

 今季リーガ制覇したレアルの祝勝会では同代表DFダニエル・カルバハルが「ピケの野郎、チャンピオンに挨拶しやがれ!」と罵倒した経緯もある。とはいえ、これらの発言はお互い“織り込み済み”の模様だ。普段は宿敵のレアルとバルサでも、チームメートとなれば一致団結する。その辺りの切り替えの上手さが、スペインならではなのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/13(火) 16:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新