ここから本文です

【日本代表】久々のボランチ起用か? 遠藤航が“縦のボール”でイラクの急所を突く!

6/13(火) 13:53配信

SOCCER DIGEST Web

「イラクはディフェンスラインと中盤の間が空く」

 6月13日に行なわれるワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦に向けて、先発起用も考えられる遠藤航が出場へ意欲を示し、自身のプレーイメージを語っている。
 
 連日の厳しい暑さとなっているイランだが、「少しずつ馴れてきた。暑さは問題ないというか、やるしかないので覚悟を持って臨みたい」と過酷な条件の下での試合に、決意を語った遠藤。出場となれば、久々のボランチでの起用となりそうだが、不安視されるボランチとしてのブランクについては次のように語っている。
「もちろん、あまりボランチをやっていないので、そこの不安はありますけど、言い訳にはできないし、出たらやるしかない。センターバックよりプレッシャーを受けやすいし、感じると思うので、フィーリングだけは(練習で)しっかり掴んだ。あとはピッチコンディションなども考えながら、自分の良さである縦のボールを出していければいい」
 
 また出番がなかったシリア戦については、「後ろで受けるシーンが多かったのかなと思う」と感想を述べるとともに、イラク戦での崩しのイメージについてこう語った。
「もうちょっと後ろはセンターバックに任せるというか、(中盤は)できるだけ高い位置でボールを受けた方がいいのかな、というイメージはありました。イラクもけっこうディフェンスラインと中盤の間が空くという分析があるので、自分もそこにパスを付けたりとか、一つひとつのポジションをビビらず前向きに、いやなところで受けるように意識したい」
 
 このイラク戦で少なくとも勝点1を得れば、次戦でのワールドカップ出場決定に王手を掛けられる日本だが、遠藤自身も「代表に残っていくうえで明日の試合(イラク戦)は大事だと思っている」と言う通り、強い危機感を持って勝負の一戦に臨む。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち

最終更新:6/13(火) 13:53
SOCCER DIGEST Web