ここから本文です

日本、イラクと試練のドロー… 大迫の先制点を守り切れず

6/13(火) 23:21配信

SOCCER DIGEST Web

序盤で早々に先制点をゲットするも…。

 ワールドカップアジア最終予選のイラク対日本が行なわれ、1-1の引き分けに終わった。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥

 日本はダブルボランチを採用し、4-2-1-3の布陣でスタート。GKには川島永嗣、DFは右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都。中盤はボランチが遠藤航と井手口陽介、トップ下に原口元気が入った。前線は右から本田圭佑、大迫勇也、久保裕也となった。



 日本のファーストシュートは5分、オーバーラップした酒井のクロスに大迫が左足で合わせ狙うが枠を外れる。

 そして7分、日本は原口が積極果敢にミドルを放ちCKを獲得すると、本田のキックに大迫がヘッドで合わせると、これがイラクゴールに吸い込まれた。日本が早々に先制点を奪う。

 17分、日本はイラクに左サイドからのクロスを許すと、折り返しをヘディングで狙われるが、シュートは枠を外れた。

 20分以降、試合はやや膠着状態に入る。イラクは左サイドのアリ・アドナンの攻め上がりからチャンスを窺う。32分にはアドナンのワンタッチパスから裏を取られかかったが、オフサイドの判定で事なきを得た。

 36分、日本は本田のサイドチェンジが逆サイドの酒井宏に渡るが、フリーで受けた酒井宏のクロスはDFに当たり、GKにキャッチされてしまう。

 前半は1-0で日本リードのまま終了した。

 日本はメンバー交代なしで後半をスタートした。9分、日本は原口からのラストパスを受けた大迫がペナルティエリア内で仕掛けるも、相手DFに抑えられフィニッシュに持ち込めなかった。

 日本は55分、井手口にアクシデント。相手との接触で転倒すると、頭部を強打し、プレー続行が不可能となって退場を余儀なくされてしまう。日本は井手口に代わって今野泰幸を投入した。

 65分、日本は右サイドで原口からのスルーパスに抜け出した酒井が中央へ折り返すと、大迫がシュートを放つもDFにブロックされた。70分、日本は原口に代えて倉田秋を投入する。さらに、日本は酒井宏も足を引きずるような仕草でプレーに支障が出ている。

 そして日本は73分、混戦のボールをクリアしきれずにカミルに同点ゴールを許してしまう。試合は1-1の振り出しに戻った。

 日本は同点となった直後、酒井宏がピッチの外へ。代わって酒井高徳が投入された。

 日本は後半アディショナルタイム、本田が左足のシュートでゴールを狙うがGKの正面を突きゴールならず。終盤、日本は運動量が落ち、なかなかチャンスを作り出せず、試合は1-1のままタイムアップ。日本は勝点1を上積みするにとどまったが、勝点17として、グループBの首位をキープした。

最終更新:6/13(火) 23:48
SOCCER DIGEST Web