ここから本文です

大迫勇也、本田との関係に自信「もっとゴール前に専念できるなと」

6/13(火) 1:09配信

フットボールチャンネル

 日本代表は12日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてイランのテヘランで前日練習を行った。

日本含め3チームが勝ち点で並ぶ大混戦に W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 キックオフの時間は厳しい暑さが予想されるが、大迫勇也は「この環境でサッカーするってことはなかなかない。今までで一番暑いかもしれない」と話す。それでも、「相手も一緒なので。俺らだけが暑いわけじゃない。気持ちの部分でしっかりと切らさないようにしたいなという風にはみんな話し合っている」と続けた。

 最前線で存在感を発揮している大迫だが、得点を奪うこと以外の仕事も多い。

「今は僕が起点を作って、両サイドの選手がゴール前に入ってきて点を取るっていう形になっている。もっと違う形も作っていきたいし、サイドで起点を作って僕がゴール前に入る形ももっともっと作っていかないといけない」

 自身の得点を増やす上で、本田圭佑のインサイドハーフ起用は光明かもしれない。背番号4が中央で違いを生み出すことで、大迫もストライカーとしての役割に力を注げのではないか。

「あそこで起点ができるのは僕としてもすごく助かることだし、もっとゴール前に専念できるなっていう風に思う。あの時(ザックジャパン時代)と比べて僕も今の方が自信はあるので、そこでお互いが生きてくれば」

 大迫、本田のラインが機能すれば、アウェイで貴重な勝ち点3を掴めるのではないだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。