ここから本文です

岡崎、イラク戦は後半勝負? 「前半は我慢の試合、堅い試合をしてもいい」

6/13(火) 1:37配信

フットボールチャンネル

 日本代表は12日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてイランのテヘランで前日練習を行った。

日本含め3チームが勝ち点で並ぶ大混戦に W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 厳しい暑さの中でキックオフを迎えることになりそうだが、岡崎慎司は「やるしかない。明日に向けて3週間前から準備しているので、結果を出したい」と力を込めた。

 サウジアラビア、オーストラリアと上位3チームは混戦となっているが、岡崎はこう語る。

「勝てば間違いなくW杯は近くなると思う。最悪の想定も頭に入れながら、でも勝つことを一番しないといけない。そのために準備をしてきている」

 イラク戦に向けては「今までのパターンを見ても、前半が上手くいくことはなかなかないので、それも想定してやった方がいい。イラクは後半に弱い、最後に集中が切れて試合を落としていることが多い」と語る。そして「そういう意味では失点しないことが前提。入りを失敗すると難しい試合になるので、前半は我慢の試合、堅い試合をしてもいいと思う」と90分トータルでゲームを考えるべきだと主張した。

 1トップは大迫勇也のスタメン出場も予想されるが、ベンチに岡崎が控えていることは心強い。勝負所で投入されるなら、チームを勝利に導く仕事を果たしたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)