ここから本文です

韓国大統領、W杯の4ヶ国共催をFIFA会長に提案「北朝鮮と北東アジアの平和に繋がる」

6/13(火) 8:20配信

フットボールチャンネル

 韓国のムン・ジェイン大統領が2030年W杯に言及し、北朝鮮を含む日本・韓国・中国など北東アジア諸国での共同開催を提案した。12日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

日本含め3チームが勝ち点で並ぶ大混戦に W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 ムン・ジェイン大統領は12日、ソウルの大統領府で国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長と会談を行なった。その中でムン・ジェイン大統領が 「南北を含む近隣の北東アジア諸国と共にワールドカップを開催できれば、それが北朝鮮と北東アジア地域との平和に繋がるだろう」と語り、地域の平和を促進する取り組みの一環としてW杯の共同開催を、インファンティーノ会長に提案したようだ。

 先日、韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長が「韓国、北朝鮮、中国、日本が議論を行えば、2030年W杯を共催できる可能性は十分にあると思う」とコメントし、北朝鮮も含めた4ヶ国での共催を誘致する構想を明かしていた。韓国は共催を目指しているが、果たして他のアジアの国は共催に賛同するのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)