ここから本文です

期待の若手FWがレアル復帰へ。不完全燃焼の1年も…ブンデス残留争い経験

6/13(火) 16:58配信

フットボールチャンネル

 ドイツ・ブンデスリーガのヴォルフスブルクが、今季レンタルで加入していたスペイン人FWボルハ・マジョラルのレアル・マドリー復帰を発表した。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 出場機会を求めてドイツへ渡ったマジョラルであったが、今季チームが残留争いを戦っていたためになかなか出番は回ってこず、シーズンを通して公式戦21試合、426分間しかプレーできなかった。先発出場のチャンスもほとんどなく、不本意な1年だったことは言うまでもない。

 これに対しマドリー側は怒り心頭。ヴォルフスブルク側はマジョラルの期限付き移籍を2018年夏まで延長することを希望していたが、マドリー側がそれを許さず、予定通り今夏のマドリー復帰が決まった。

 それでも先発したリーグ戦3試合のうち2試合でゴールを決めるなど才能の片鱗は見せていたマジョラル。指揮官であるジネディーヌ・ジダン監督からの信頼は厚く、来季は今夏限りでのマドリー退団が噂されるFWマリアーノの後釜として期待されているようだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)