ここから本文です

これが最新世代コネクテッド・コックピットだ!ボルボ・新型「XC40」を激写

6/13(火) 6:03配信

clicccar

ボルボ最小となる新型クロスオーバーSUV「XC40」の室内を、初めてカメラが捉えました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



コックピットには、ダッシュボードセンターにタッチパネル式タブレット型ディスプレイを配置され、兄貴分「XC60」新型のシンプルなイメージを継承しています。



最新世代コネクテッドサービス「Volvo On Call」を搭載し、ドライバーとのつながりが強化されるほか、自動運転技術の「パイロットアシスト」を採用、130km/hを上限にアクセルやブレーキが自動的に調節されます。

XC40には全く新しいプラットフォーム「CMA」(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)を使用し、パワートレインには、新開発の1.5リットル直列3気筒エンジン、直列4気筒エンジン、プラグインハイブリッドのほか、遅れてEVモデルの投入も確実視されています。



今回捉えたプロトタイプでは、エクステリアのカモフラージュに変化は見られませんでしたが、後部座席の撮影にも成功。リアサイドウィンドゥにコンセプトモデルと同じ、スポーティーなキックアップデザインが採用されていることが発覚しました。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

最終更新:6/13(火) 6:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)