ここから本文です

JAL、ANAの「憧れのクレカ」、どうやって入手する?

6/14(水) 15:00配信

マネーポストWEB

 航空会社が実施しているポイント制度、マイレージを使ったお得技がある。飛行機に乗ると距離に応じて貯まる(フライトマイル)だけでなく、買い物や食事代、公共料金などのクレジットカード決済でも貯められる(ショッピングマイル)もあり、一定以上のマイルが貯まれば、特典航空券と交換できる。

 そうした中で、空の旅に少し詳しい人なら、誰もが憧れるカードがある。『ANAスーパーフライヤーズカード』『JALグローバルクラブカード』だ。これは、ショッピングだけでなく、実際に飛行機に乗ってポイントを貯めないと手に入らない種類のカードだ。航空会社のラウンジが無料で利用できる、行列を横目に優先レーンで手荷物検査を受け、さらに優先搭乗できる。キャンセル待ちだって優先されるのだ。

 そして、最大の魅力は、一度取得したら、年会費さえ払えば、半永久的にサービスを受けられるということ。家族カードも発行できるということ。

 なかなか手に入れるのが難しそうなカードだが、ある条件を達成すれば、これらのカードに入会する権利がもらえる。

 気になるその条件とは、1月1日~12月31日の間に、搭乗するともらえるポイント(ANAなら『プレミアムポイント』、JALなら『FLY ONポイント』)を、5万ポイント以上貯めること。ちなみにJALの場合は、50回以上搭乗して『FLY ONポイント』を1万5000以上でも可能だ。

『パラダイス山元の飛行機の乗り方』(ともにダイヤモンド社)などの著者で、現在、226万マイルを保有するマイルの達人・パラダイス山元さんが言う。

「最近では“マイル修行”といって短期的に効率よくカードを手に入れるためだけに、東京-沖縄を1日2往復する主婦のグループがいるほどです。エコノミーよりプレミアムクラスやファーストクラスに乗った方が、ポイントは貯まりやすい。ANAなら東京-沖縄のプレミアムクラスをおすすめします。時刻表上は1日2往復できます」

1/2ページ

最終更新:8/18(金) 18:05
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。