ここから本文です

乃木坂46が挑む『あさひなぐ』 舞台と映画で違う色

6/14(水) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 デビュー6年目に入り、活動の幅を広げる乃木坂46。新たに挑んでいるのが『あさひなぐ』プロジェクトだ。なぎなたに青春をかける少女たちの成長を描く人気マンガ『あさひなぐ』を舞台&映画化する企画で、それぞれの作品を異なる乃木坂46のメンバーが演じる。舞台は5月20日に東京・EXシアター六本木で幕を開け、6月には大阪、名古屋でも上演された。映画は9月に公開される。


 『あさひなぐ』は二ツ坂高校薙刀(なぎなた)部を舞台にした青春ストーリー。中学校では美術部員だった主人公・東島旭が「なぎなたは高校部活界における、アメリカンドリーム」といううたい文句に感激し入部。落ちこぼれてばかりだが、それでもひたむきに練習を続けていく。
 舞台版では齋藤飛鳥、映画版では西野七瀬が主演。圧倒的な強さを誇る、旭の憧れの先輩・宮路真春を舞台版では若月佑美、映画版では白石麻衣が演じる。舞台版には生駒里奈や堀未央奈らも出演。映画版には、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花らが出演する。
 このプロジェクトを企画したのは、15年公開の映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』を手掛けた東宝の上野裕平氏。映画版の企画・プロデュースと舞台版の企画を担当する。上野氏は「異なるメンバーが、同じ役柄をどう解釈して表現するのか。その違いを楽しんでもらえれば」と舞台と映画の制作を同時進行する狙いを語る。20巻以上あるマンガのどこを描くかも、それぞれのスタッフに委ねられており、1つの原作から味わいの異なる2作品が生まれる面白さもあるという。

 「『悲しみの忘れ方~』はいいものができた手応えがありました。でも、ドキュメンタリーはどうしてもファン以外に広がりづらい。なので、もう一度乃木坂46と仕事をしたいと思った時に幅広い層に支持されるジャンルである、青春群像劇の『あさひなぐ』が思い浮かびました」と、この作品を選んだ理由を説明する。

1/2ページ

最終更新:6/14(水) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。