ここから本文です

女性自衛官の動画公開の米兵 日本の法律及ばない可能性も

6/14(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 ある白人男性とアジア系女性の性的な動画が、海外の無修正動画サイト上に流出し大騒ぎとなったのは6月3日頃。騒ぎになった理由は男性が米軍兵士で女性は陸上自衛官だったからだ。

 動画は男性が公開したものだった。3年前に自衛隊の駐屯地で知り合って、交際を開始した女性と、米軍の軍用トラック内に設置されたベッドで初めて行為に及んだ──などと、2人の初体験についての“告白”まで英語で添えられていた。

 当初複数あった動画は現在すべて削除されているが、静止画は女性の名前とともに公開されたままだ(6月8日現在)。全裸でベッドに寝そべっている画像、バニーガールのコスプレをして挑発的なポーズを取っている画像、観光地と思われる場所での記念写真など様々である。中には女性が陸上自衛隊の迷彩服を着ているものもあり、胸元には漢字表記の苗字も写ってしまっている。

 しかし、なぜこのようなプライベート画像を男性はネット上に公開したのか。流出した画像の中には陸自隊員と思しき男性の画像も含まれていた。そこにはこんなコメントが書き込まれていた。

〈ある日、彼女の携帯からこの写真を見つけ、彼女が陸上自衛隊のオフィサー(士官)と浮気していることを知った。腹が立ったぜ! 彼女を問い詰めると、オフィサーと肉体関係にあることや週末にデートを重ねていること、さらに“たぶん彼との子を妊娠している”と打ち明けた〉

〈オフィサーは既婚者だが、彼女はそのことを気にしないそうだ。彼女は彼のアソコが欲しくてたまらないだけなんだ!〉

 この説明が事実なら、この画像は、フラれた腹いせの「リベンジポルノ」だった可能性が高まる。

 2014年11月に施行された『リベンジポルノ防止法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)』では、「誰の写真なのか」が特定できる方法で、性的な写真や動画を公表すれば、3年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとされている。

1/2ページ