ここから本文です

SKE48秘話 衣装予算が1万円しかなく秋元康「新聞紙で作れば?」

6/14(水) 11:30配信

ザテレビジョン

6月13日の「AKBINGO!」(日本テレビ系)では、「AKBメンバー100人に聞いた、1度は着てみたい憧れの神衣装BEST 7」の後編、BEST3が放送された。

【写真を見る】新聞紙の衣装を着ていた松村香織

先週の7位「RIVER」(カッコ内は衣装を着用した曲名)、6位「青空カフェ」、5位「永遠プレッシャー」、4位「ポニーテールとシュシュ」の衣装に続き第3位に選ばれたのは、2011年のAKB48 22枚目シングル「フライングゲット」の衣装。

MV監督の堤幸彦氏からの中国雑技団イメージという要望に応えた、チャイナドレス風で豪華絢爛さをアピールしたものだった。

センターを努めた前田敦子の衣装を着て登場したのは、台湾からの留学生メンバー馬嘉伶(マチャリン)。CD発売当時は自身もまだファンの一人で、「まさか自分が着られるとは思わなかった。なんか“おったまげ~”でした」と持ちギャグ(?)を絡めながらコメント。

村本大輔(ウーマンラッシュアワー)から、「フライングゲットは全員これ着るんでしょ?」との質問が入ると、島田晴香から「これはMVだけなんですよ、選抜だけ。あと西武ドーム(2011年)のやつで、一回着た限り。前田さんが過呼吸になりながら、センター曲だからとハァハァしながらこの衣装に着替えて出てくる」とのプチ情報が。

これに村本も「Shimapedia(シマペディア)発動」と感心し、「卒業するの踏みとどまってくれへんか?」と懇願し、卒業発表して芸能界も引退すると公言した島田の存在を惜しんだ。

続く第2位は、2009年のAKB48 13枚目シングル「言い訳Maybe」の衣装で、コンセプトは選抜総選挙後に合わせた新内閣発足時の集合写真。

その後のAKBの象徴とも言える赤チェックをベースにワッペンも多数使用されており、スタジオにいる全員が「これぞ ザ・AKB48!」と認めるレジェンド神衣装だ。

前田敦子Ver.のみ長袖ジャケットになっているセンター衣装で登場した久保怜音は、「この衣装のおかげで赤チェックが好きになった」と告白。

中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)が、当時衣装をデザインした現AKBグループ総支配人、茅野しのぶからのコメント「今までTVやLIVEで、前田のこの衣装を着た人はいない、永久欠番衣装」となっていることを明かす。

村本が再度シマペディアに更なる情報を求めると、「前田さんの場合は、後ろ(ジャケット裾部分の生地)が長いんですよ。背が低いメンバーだと似合わない。あっちゃんスタイルが良かったので」と。

さらに「あとあっちゃんだけ靴の紐が黄色なんです。(他の)みんなは黒なんです。センターだから黄色だった気がする」と付け加え、見事村本の期待に応えて見せた。

ここで1位を発表する前に、衣装デザインの茅野しのぶが選んだ「作るのが超大変だった衣装BEST3」を発表。

第3位は、2013年にHKT48・STU48の指原莉乃がプロデュースした、SKE48松村香織のソロデビューシングル「マツムラブ!」の新聞紙で作られた衣装(佐藤妃星が着用)。

第2位は、2015年発表「希望的リフレイン」のカップリング曲「目をあけたままのファーストキス」の一瞬で真っ赤なドレスに早変わりする衣装(篠崎彩奈が着用)。

そして第1位は、2015年のじゃんけん大会でチーム8島根県代表の阿部芽唯が着た、ダミーもやし1本1本を全て手作りして貼り付けた“もやし衣装”(吉川七瀬が着用)だった。

中川が、第3位の「マツムラブ!」は衣装予算が本当に1万円しかなく、生地代も出ないことを茅野が秋元康(プロデューサー)に告げると「新聞紙で作れば?」とのアドバイスがあり、過去のAKB新聞を使用することになったこと説明。

また2位の「目を開けたままのファーストキス」は、AKB的な白黒チェックの衣装から赤いセクシーなドレスに一瞬で変わる仕掛けを明かした。

1位のもやし衣装では、着ている吉川が全身にあしらわれているダミーもやしで衣装がメチャメチャ重く「本当に3kgくらいあるから踊れないと思う」と実際に着た感想を語っていた。

そして神衣装の第1位、2010年のAKB48 17枚目シングル「ヘビーローテーション」が発表されると、その年の総選挙トップ3、大島優子、前田敦子、篠田真理子の衣装を、それぞれ小栗有以、本多仁美、小田えりなが着て登場。

この衣装は楽曲MVの監督をした蜷川実花とスタイリスト里山拓斗の合作で、これまでのAKB衣装にはなかったナポレオンジャケットを着用。肩の肩章は総選挙の順位でその仕様が変わっているほどの凝りようである。

また中川からは、茅野しのぶのコメントとして「MV撮影が総選挙から1週間後と短時間だったため、ジャケットは既製品のコートをリメイクして使用。ウール素材で暑く、LIVEには適さずあまり着用されないレアな衣装」であることが明かされた。

この衣装を着た小栗は、衣装に書かれた大島優子の文字をみて「優子さんのを着てるんだなって思うと、スゴい ゾクッ!、ドキッ!とした」とうっとり。

最後は、神衣装BEST7を纏ったメンバー全員で「ヘビーローテーション」を披露。小栗も大島のソロダンスパートをしっかりと踊り、近々開催される総選挙へ向けてアピールしていた。

次回の放送は6月20日(火)、「2代目AKB48最重量王が決定」を予定。

最終更新:6/14(水) 11:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)