ここから本文です

『島耕作』シリーズ著者・弘兼憲史が語る“新しいリーダーの条件”

6/14(水) 7:00配信

文春オンライン

東芝問題が世間を賑わせる昨今、企業のリーダーの資質が改めて問われている。人気マンガ『島耕作』シリーズの著者であり、執筆にあたり数多くの企業の経営陣を取材してきた弘兼憲史氏が、リーダーに必要な条件を語った。
(出典:文藝春秋2016年2月号)

リーダーは“2タイプ”に分類できる

『島耕作』シリーズを描き続けて、もう三十三年になり、平社員だった島は会長まで登りつめました。課長や部長の時代はぼく自身のサラリーマン経験から想像で描けましたが、取締役や社長に昇進すると、そうはいきません。たくさんの企業の経営者にお会いして、話を聞かせていただきました。そんな中から私が考える、リーダーのあるべき姿についてお話ししたいと思います。

 島耕作は、強烈な個性の持ち主というよりも、人の意見をよく聞くバランス調整型の主人公にしています。リーダーシップはありますが、ややおとなしい感じに設定した。それには理由があります。

 現実にリーダーになる人は、ふた通りです。ひとつは、ソフトバンクの孫正義さんやユニクロの柳井正さんのような、オーナー企業のリーダー。もうひとつは、島耕作のようにサラリーマンとして社内を一歩ずつ這い上がってきたリーダーです。この両者では、冒険の仕方が違います。

 オーナー企業のリーダーは、時として思い切った勝負に出ます。孫さんでいえばボーダフォン買収やアメリカの移動通信大手スプリントの買収など、失敗したら会社がえらいことになる大勝負に、恐れず挑戦する。柳井さんも自分でドーンと引っ張ってきたあと、部下に任せてダメなら「俺がもう一回やるぞ」という体質や力をもっている。ぼくが勤めていた昔の松下電器でも、松下幸之助さんが一度リタイアして退かれたあと、うまくいかないとき経営現場に戻ったことがありました。ああいう姿は、オーナー企業や創業者ならではのリーダーシップだと思います。一方、下から堅実に上がってきたサラリーマン社長は、一か八かの大勝負になかなか出にくいものです。株主や社員、下請けさん、関連企業といったステークホルダーの人たちの生活が全部かかっているという意識が働くせいです。何年かの任期を終えれば代替わりするのですから、「自分の代で下手をこいたら大変だ」という思いもあるはず。そのため、大きく沈まないけれども、大きく儲けもしないという経営になりがちです。

 功罪相半ばするとは思いますが、オーナー経営者とサラリーマンから上がってきた経営者との違いは、そうした部分に現われる気がします。

1/5ページ

最終更新:6/14(水) 23:30
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。