ここから本文です

女性議員の夫へ突撃インタビュー!

6/14(水) 11:50配信

政治山

 まだまだ男性が中心の政治の世界では、議員の妻は「夫をよろしくお願いします!」と選挙中に頭を下げたり夫の代わりに会合に出て挨拶をしたり、内助の攻として奮闘するイメージが根強いです。では、女性議員の夫はどうでしょうか。妻を応援しているのか、実は快く思っていないのか。今回は、日ごろ表舞台に出ない議員の夫に学生スタッフがインタビューしてきました。

 初回は、WOMAN SHIFTの運営メンバーである目黒区議会議員 たぞえ麻友さんの夫:堀合努さん(注:たぞえ麻友さんは旧姓で議員活動をしています)にインタビューさせていただきました。

 たぞえ麻友さんは2015年4月の統一地方選挙に無所属で出馬しました。生まれ育った目黒区での出馬でしたが、二世議員でもないのに初出馬初当選で、周囲から大変驚かれたそうです。また、お子さんが3人いらっしゃるということで、育児しながらの選挙は想像するだけでも大変そうですが、その裏には夫 努さんの支えがあったのでは?」と推測しながらインタビューに挑みました。

Q.初出馬初当選をした麻友さんの選挙活動は一緒に生活される中で、どのような選挙だったか覚えていらっしゃいますか。またサポートはされたのでしょうか。

A.正直そんなに覚えていない・・・(笑)。

 妻は他の方と同じように活動をしていたように記憶しています。選挙カーだけは、他の候補者のような立派な看板を付けた街宣車ではなく、普段から使っているコンパクトカーにポスターを貼って、屋根にくくりつけたダンボール箱に置いたスピーカーから音を出すと言う荒技をやってました。

 もともと妻の地元ではありましたが、公立学校出身ではなかったので、地元の友達はあまり多くない。なので、妻の父が地元で商売をしていたつながりや、妻の母の今でいうママ友が応援してくれていたようです。無所属ということで、当選するかどうかは分からなかったです。僕はそんなに手伝ってはいないのですが、知人へ声かけなどはしました。



Q.麻友さんが立候補を決断された時のことを教えてください。

A.ちょうど、大田区から目黒区の妻の実家に引っ越してきたのが、2014年の6月だったかな(スタッフ:引っ越してから1年も経たずに選挙!?)。妻の母の病気がわかったタイミングで出馬を決意したようです。



Q.昔から議員になりたいという話しはお二人でされていたのでしょうか。

A.共通の友人で当時のみんなの党の区議さんがいて、選挙の話は身近に感じていました。また、妻も僕も割と保守な所があり、お互い会社勤めもしていたので、民間でできるところは民間にという政策に賛同し、私も妻もその区議さんの選挙やみんなの党の衆議院議員の選挙を手伝ったりしました(※編集部注:みんなの党が解党したこともあり、麻友さんは無所属で出馬しています)。

1/3ページ

最終更新:6/14(水) 11:50
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。