ここから本文です

SGホールディングスが東証に上場申請、「社会的信頼」獲得目指す

6/14(水) 16:54配信

オトナンサー

 宅配大手の佐川急便を傘下に抱えるSGホールディングス(HD)が6月14日、東京証券取引所に上場申請したと発表しました。公式ホームページで明らかにしました。

【3分でわかる動画】トランプ大統領が辞任する可能性は?

「高レベルのガバナンス体制を構築」

 同社は経営ビジョンの中で「アジアを代表する総合物流企業グループへ」を掲げており、担当者は今回の上場の目的として、上場企業として高いレベルのガバナンス体制の構築▽社会的信頼の獲得▽人材確保▽資金調達手法の多様化――などを挙げます。

 同社を巡ってはこれまでも、上場によって調達した資金で企業の合併・買収(M&A)を加速させ、海外の物流網拡大を目指すほか、株式公開によって透明性を高め、企業イメージ改善につなげる狙いがある、などと報じられていました。

 マネースクウェア・ジャパンの西田明弘チーフエコノミストは「上場することで、監査の目や株主の目を通して経営の透明性を高め、説明責任を果たそうとする狙いがあるのでは」と指摘しています。

オトナンサー編集部

最終更新:6/14(水) 19:16
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。