ここから本文です

まるでパーソナルトレーナー!?健康を管理するアプリ&ツール [FRaU]

6/14(水) 12:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

今や食事も、運動も、体重も、スマホで管理する時代。そこで、スマホをダイエットのパーソナルトレーナーへと変える、アプリやツールを厳選。今すぐインストールしてみて!

Fitbit

運動や心拍数、睡眠の状態を記録。アナタの健康をトータルサポート

この心拍計を搭載したスリムなリストバンドは、アナタの歩いた歩数や距離、さらにはエクササイズを自動認識して記録。

消費カロリーを正確に把握できるほか、アプリと連動させることで自分にベストなエクササイズを目標設定することも。さらに心拍数の変化から睡眠の質を観測して、よりよい眠りを得るためのパーソナルアドバイスを提案してくれる。ダイエットや健康へのモチベーションがぐんと高まるのは、間違いない。

Charity Diet

『脂肪を燃やして寄付にする!』
フィットネスやランニングが社会貢献に? 国境なき医師団日本やWWFジャパンなど、多くの団体が賛同した新しいボランティアのカタチが5月から先行スタート。

運動で消費したカロリーをアプリに記録するだけで、それに応じた額が健康を支える様々な活動に寄付される。

Yoga Studio

『自宅で本格的なヨガレッスンを』
自分のレベルにあわせてヨガのコースをセレクト・カスタムしたり、カレンダーでスケジュールを組むことも。自宅にいながらにして教室さながらのヨガ体験ができる、忙しい人にオススメのアプリ。

今のところ英語のみの対応だけれど、動画でわかりやすく解説してくれるので問題なし。

Calna

『人工知能が “痩せる外食” を提案』
セブンイレブンや大戸屋、エクセルシオールなどよく行くお店を登録すると、栄養バランスとカロリーを考えた具体的なダイエットメニューの提案を受けられる。

外食派に嬉しいアプリは、ダイエットにまつわる雑学などを教えてくれる人工知能とのおしゃべりも楽しい。作り置きレシピに対応した有料メニューも。

Panasonic

『スマホで体重&体脂肪をグラフ化』
ドメスティックトップブランドの最新ヘルスメーターは、スマホをワンタッチするだけで瞬時に測定値を画面上にグラフ化。

アプリを通じて食事のアドバイスを受けたり、友達とデータを共有してやる気を高めあうことも。体重管理がぐっと簡単に。Androidのみ対応。

Withings

『心臓の健康状態までも一目瞭然』
このヘルスメーターに乗ると、Wi-FiやBluetoothを通じて連動アプリにデータが同期される仕組み。

さらに乗るだけで脈波伝播速度を測定し、ユーザーの年齢も加味しながら基準値の範囲内かを診断。改善のためのアドバイスも配信されるので、家族みんなで使いたい。