ここから本文です

アジアの現代美術のさらなる発展へ意思表示。フランスの現代美術ギャラリー「ペロタン」が東京にオープン!

6/14(水) 11:01配信

VOGUE JAPAN

フランスの現代美術ギャラリー「ペロタン」が、6月、東京・六本木のピラミデビル1階に、「ペロタン東京」をオープンした。

アジア代表として注目の建築家、アンドレ・フーが実現させたモダニズムの内装は必見。

「ペロタン東京」は、エマニュエル・ペロタンの17番目のギャラリーだ。ペロタンは1989年、21歳にしてパリに最初のギャラリーを設立。コンテンポラリー・アートの世界では最も影響力のあるギャラリストとして知られている。

また、20年以上にわたり卓越した才能をもつアジアのアーティストを支援し、世に送り出してきた。2012年の香港、2016年のソウルに続きオープンした「ペロタン東京」は、アジアの現代美術のさらなる発展への貢献に対する意思表示だ。

アジアを代表する若き建築家として注目されているアンドレ・フーが内装を担当。路面という環境をいかした、モダニズムを実現した。また、日本文化を取り入れ、入り口は日本の茶室をイメージしてレセプションエリアとしている。

現在、オープニングを記念して、現代抽象画の巨匠で今年97歳になるピエール・スーラージュの個展を開催中だ。スーラージュの「黒」を追求した近年の作品が日本で初めて鑑賞できる貴重な機会となる。

ペロタン東京
住所/東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル 1F
開館時間/11:00~19:00
休館日/日月
https://www.perrotin.com

ピエール・スーラージュ個展
会期/~2017年8月19日(土)

Aya Hasegawa, VOGUE JAPAN

最終更新:6/14(水) 11:01
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年11月号
2017年9月28日発売

700円(税込み)

イットガール、ジジ・ハディッドが、『VOGUE JAPAN』表紙&ファッションストーリーに登場!

Yahoo!ニュースからのお知らせ