ここから本文です

ぼくらの知らない「中国のネットカフェ」という混沌

6/14(水) 12:30配信

WIRED.jp

中国では多くの若者がインターネットカフェでオンラインゲームに興じているという。カップ麺を食べる人、タバコを吸う人、恋人と口づけを交わす人…さまざまな若者が集まるインターネットカフェは活気に溢れ、混沌とした空気が流れているが、どこか閉鎖的で異様にも思える。

仮想世界で「自分探し」に没頭する若者たち

中国では、多くの若者がオンラインゲームに夢中になっている。彼らはインターネットカフェでオンラインゲームに興じる。その結果として、中国ではいまやインターネットカフェが最大級の娯楽施設と化している。ユーザー数も膨大だから、どこにでもインターネットカフェはあるのだという。

中国・棗荘在住の写真家、武靖力は2015年にインターネットカフェを撮影するプロジェクトを開始した。彼のプロジェクト『Chinese network life』を観ると、そこにはぼくらが知っているインターネットカフェとは少々異なる世界が広がっている。

薄暗い部屋に立ち並ぶディスプレイとソファ。ヘッドフォンをつけてオンラインゲームに興じる若者もいれば、居眠りをする若者もいる。ここまでは日本のインターネットカフェと大して変わらないように思えるが、よく見るとシベリアンハスキーが写り込んでいたり、半裸で横になっている者がいたりする。日本よりもはるかに猥雑でカオティックな空間がそこには広がっている。

武は彼の友人アナ・ピントが中国のゲームセンターを撮影していたことからインスピレーションを受け、インターネットカフェをテーマに選ぶことにした。「ゲームセンターはインターネットの先輩なので、両者は切り離せない関係にあると思ったんです」と武は語る。

中国には約14万5000件ほどのインターネットカフェがあり、人々は1時間あたり数十円の利用料と飲み物代を支払ってパソコンを使用する。18歳未満の若者は利用禁止だとされているが、実際はしばしば年端のいかぬ若者もインターネットカフェに忍び込んでいるようだ。「若者たちは社会経験が少ないため、自分が存在している感覚を求めて仮想世界に飛び込むのです」。そう武は語る。

武によれば、このプロジェクトは中国の若者が置かれている状況を描くために進められたものだという。「中国では若者の80%がオンラインゲームに興じていて、仮想世界の中で自分自身を探そうとしているんです。こうした光景はいまの時代を象徴したものです。そしてそれは多分、悪い時代なのです」と武は言う。インターネットカフェに集まる若者は楽しげで、混沌とした活気を生み出している。一方で、そこにはどこか閉鎖的な雰囲気も漂っている。まるで、インターネットカフェの中だけ時間が止まってしまっているかのような。

WIRED.jp_IS

最終更新:6/14(水) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。