ここから本文です

フェラーリのF1マシン、その70年の進化が一目瞭然のGIF動画

6/14(水) 17:31配信

WIRED.jp

フェラーリのF1マシンがこれまでに歩んできた70年の進化の歴史を、1枚にまとめたGIF動画が作成された。これを見れば、世界最高峰のマシンがどのような進化を遂げてきたのか一目瞭然だ。

フェラーリF1、70年の進化が一目瞭然のGIFアニメを見る

F1レースは、フェラーリ抜きには考えられない。イタリアのマラネッロを本拠とする、フェラーリのレーシングチーム「スクーデリア・フェラーリ」は、F1レースのすべてのシーズンに参加してきた唯一のチームであり、次々と姿を消していくどのライヴァルよりも数多くの選手権を制覇してきた。

ジョン・サーティースやニキ・ラウダ、ミハエル・シューマッハなどのレジェンドたちと同じぐらい、その成果にとって重要なのは、チェッカーフラッグを振られてきた数々のマシンたちだ。

自動車関連ニュースサイト「Gear Heads」のチームによって作成された冒頭のGIF画像が明らかにするように、F1の世界をリードし続けるための鍵は、進化の歩みを決して止めないことだ。

フェラーリのF1マシンは、過去70年間にわたって、シーズンごとに贅肉を削ぎ落し、車体を低くし、パワフルさを増し、そして空気力学の予測不可能性(と刻々と変わるルール)への順応度を高めてきた。1950~60年代のモデルに見られた、フロントエンジンから伸びるチューブは、70年代に入ると長いウイングに取って代わられる。

マールボロのステッカーが現れては消え、クラシックなレーシングカラーであるロッソコルサ(レーシングレッド)は、TVに映えるように微妙に変化している。

1950年の「275 F1」が、超流線型の「553 F2」(1953年)へかたちを変え、圧倒的優位性を誇った「156 F1」(1961年)が登場する。巨大なウイングをもつ「312 F1-69」が登場した1969年は、フェラーリにとって最悪のシーズンで、同マシンはチームのランキングに何の貢献もしなかった。そして、おなじみの外観をした「312 T」(1975年)が、徹底的な再設計が施された今シーズンの「SF70H」へと姿を変えていく。

先ごろ行われたモナコグランプリでは、フェラーリのセバスチャン・ヴェッテルが優勝を果たした。この機会にもう一度フェラーリの歴史を振り返り、次なる変化の波に備えよう。

JACK STEWART

最終更新:6/15(木) 9:29
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc