ここから本文です

無関心な人ほど猫に好かれるってホント?

6/14(水) 8:10配信

@DIME

猫がいるおうちにおじゃましたとき、猫ラバーズの人よりも、猫に無関心(もしくは苦手)な人に猫が懐くのを見たことはありませんか?

うちで鍋パーティを開いたときに、猫好きA子(私の先輩)が、我が家の猫の気を引こうとやっきになっているのに、なぜか猫に無関心なB子(私の後輩)の膝にお座りしてお地蔵さんかと思うくらい動かなくなりました。飼い主は、こういう場合、マジで焦ります。猫よ、飼い主(私)の気持ちを察して、A子先輩のそばに行ってくれ~と本気で念を送ります。

このまま人間関係にも亀裂が走りかねないゆゆしき事態です。このときは猫好きA子に「ちゅーる」を持たせることで無事に解決しましたが、これって、どうしてなのか、早急に知る必要があります。皆さんも知りたいですよね?

猫に嫌われる人には、それなりの理由があります

こんなに猫が好きなのに、その思いが猫に通じないあなた。そういう人って、一匹だけじゃなくて、だいたいほとんどの猫に嫌われているそうです。あー、悲しい事実。けれど、安心してください。猫への愛が一方通行なのには理由があります。この理由さえ知っておけば、猫に好かれることができるかもしれません!

◆猫にとってはストーカー行為とみなされイエローカード

いつでも愛嬌を振りまいてくれる犬と違い、猫は人間に用事があるときだけ寄ってくる動物なので、自分が遊んでほしいとき以外にちょっかいを出されるのが大嫌いなんだそう。犬を飼っている自称「(犬はもちろん、猫もフェレットもぜーんぶ含めて)動物好き」が陥りやすい嫌われポイント。

たとえ、愛情や善意からくる「ちょっかい」であっても、猫にとってはありがた迷惑なことになってしまうそうです。嫌われないようにするには、猫が今、何をしたいのかを察知し、人間に関わりたくないのであればほっておくことが大切なのだそうです。

さらに、酔っぱらって猫にかまおうとするのは、もうレッドカードです。猫の気持ちを伺うことなく体を撫でまわしたりするのは絶対NGです。

◆声が大きい人もイエローカード

人間よりも聴覚が鋭い猫は、大きな声の人が嫌いです。すぐに怒鳴り散らすなど短気な人のそばにも、寄りたくありません。

部屋の隅にいる猫を呼び寄せるときに、猫の名前を呼んでも振り向いてくれないので、どんどん大きな声で叫びまくる行為、レッドカードです。猫には確実に聞こえています。それでも「そばにいきたくないから無視」と決めて動かないだけなので、フルボリュームにしても逆効果。そんなときは、一度撤退するのが正しい対処法です。

ちなみに、猫が嫌いなのは「低くて大きな声」だそうです。逆に好きなのは「高くて小さめの声だそう。男性よりも女性の声の方が好きというのは、このせいだそう。確かに子猫などは、高音で小さな声で鳴きますよね。猫は、高音で小さな声を出す動物は自分にとって攻撃的ではない、ということを本能的に知っているのだそう。逆に低い声は、唸り声などにつながり、自分を攻撃してくるのではないかと不安を抱かせるのだそうです。

こうして見ると、猫好きなかまってさんの方が猫に嫌われる素質を持っているということがよくわかりますよね。猫が苦手の人は、猫をほっておいてくれるし、やたらめったら話しかけたり、大きな声を出したりもしません。

猫が好きすぎるという一方的な気持ちを押し付けることなく、猫と良好な関係を築いていきましょう。

文/佐藤玲美

@DIME編集部

最終更新:6/14(水) 8:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた