ここから本文です

これがインド・車の製造編:人口は日本の10倍!まだまだ伸びる --- 中田 宏

6/14(水) 17:29配信

アゴラ

インド・デリーからのリポートです。
インドは経済成長が著しく、日本にとってこれから安全保障なども含めて極めて重要な国になると思い、研修先に選びました。

まず日本の自動車メーカー「スズキ」の100%子会社、マルチ・スズキ・インディアのマーネーサル工場(ハリヤーナー州)を訪問、デリーから南へ車で約2時間半に位置し、1983年に操業を開始しています。

工場敷地内の撮影は禁止でしたが、伺ってびっくりしたのが、ここで生産される車の一部は日本にも輸出されていて、スズキはまさに日イ経済の象徴的な会社となっていることです。

自動車メーカーは日本国内はもとより世界にいろいろな会社がありますが、どこもまだ腰が引けている時にスズキは”いの一番に”工場を作りました。

結果として現在のインドの新車販売台数300万台のうちスズキのシェアは50%で圧倒的に1位、2位が韓国のヒュンダイ(現代自動車)で17%、日本のトヨタや日産、ホンダなどはもう完全に出遅れ状態になっています。

現地に工場作るなどの「直接投資」は、一昨年(平成27(2015)年)の日本からインドへのその額は26億ドル(約2600億円)、さらに去年(平成28(2016)年)は47億ドルとほぼ倍増で、シンガポール経由の投資等も含めると国別で日本は一位となっています。

近年のインド経済は8%台の成長を続けどんどん伸びていますが、「インド経済」ですぐに思いつくのはIT産業ではないでしょうか。

IT人材は豊富で世界中に輩出していますし、日本やアメリカにもインドのIT系の会社は数多くあります。
一方、インドのモディ政権は「Make in India」すなわち「インドで物を作ろう」という方針で政策を推し進めています。

スズキも今年2月にグジャラート工場(グジャラート州アフマーバード)という新工場を作り、インド向けの自動車の供給をさらに増やす方針です。

インドの人口は約13億人で新車販売台数が300万台、日本の人口は10分の1で新車販売台数は約500万台で、インドで自動車がもっともっと必要になり増えていくのは確実でしょう。

物を売るにも作るにもまだまだ伸びていく余地が、インドにはありました。

“【これがインド・車編】人口は日本の10倍!まだまだ伸びる~(https://youtu.be/i0TW5iS6Pyg)”


編集部より:この記事は、前横浜市長、前衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2017年6月12日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちら(http://nakada.net/category/blog)をご覧ください。

中田 宏

最終更新:6/15(木) 13:40
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム