ここから本文です

全部当てはまれば“スマホ廃人”!依存度チェックリスト

6/14(水) 16:00配信

女性自身

「スマホで1日500円か600円くらい稼げたらいいな。最初はそんな軽い気持ちだったのですが、熱中しすぎて家事も手につかなくなり、子どもたちのこともほったらかしに……。夫からは叱られるやら、軽蔑されるやらで、夫婦関係も危機的な状態です」

そう語るのは、東海地方に住む秋葉紀子さん(40代・仮名)。秋葉さんは小学生の子ども2人を持つ専業主婦。いったい何があったのか?

「異常な行動なのに、自分ではわからないんです」と肩を落とす秋葉さんは、なんと2年半もの間、起床から就寝直前までほぼスマホ漬け。家事も育児もすべて放棄してしまう状態に陥ってしまったという。

「いま、彼女のような状態の主婦は増えています」と、語るのはジャーナリストの石川結貴さん。石川さんはこの春に『スマホ廃人』(文春新書)という著書を出版している。

「スマホへの依存度がどんどん高まっていくと、スマホを片時も手放せなくなります。現実的にやるべきことのほぼすべてを放置してしまう状態になり、社会生活・家族関係に支障をきたすようになりますので、“スマホ廃人”と表現しました。中高生にも増えていますが、私が取材したなかには、主婦たちの例も多かったのです。日中ひとりで過ごす時間の長い主婦だけに、スマホに依存しやすいのだと思います」

冒頭の秋葉さんが、家事の合間の在宅ワークにできればと始めたのはポイントサイト(別名「お小遣いサイト」)だった。人気のものは数百万人のユーザー登録者数を誇っている。サイトによって違いはあるが、「広告を見る」「資料請求する」「アンケートに答える」などのメニューがある。たとえば「広告を見る」というメニューを選び、CM動画を視聴したら10ポイント。初日はお手軽にスマホをいじっているだけで、数百ポイントためることができた。

「ためたポイントによって、ショッピングサイトのギフト券がもらえたり、電子マネーに交換したりできます。『今月は20万円稼いだ』なんて書き込みもあって、私も頑張ろうと思ったのです」(秋葉さん)

いつしか秋葉さんの生活はポイント獲得を中心に回っていくようになり、かなりの収入があった月もあった。しかし、落とし穴があった。“無料でお試し”のつもりだったものが、実際には“定期購入”に申し込んでしまっていたのだ。つまり最初の1カ月は無料だが、その後は料金が発生するという契約だったのだが秋葉さんは気づかなかった。

その損失を取り戻そうと、秋葉さんが手を出したのが、「ワーク」というメニューだったという。単価は安いが、指定された文字や文章を正しく入力したり、商品レビューを書き込めば、ポイントを得られるというシステムだ。利用者の入力の正確性を競うランキングもあり、上位者ほど多くのポイントを獲得できる。

「ほかの利用者たちに負けたくないと必死になって、朝起きると、すぐにスマホをつかみ取るようになりました」(秋葉さん)

その結果、家事もおろそかになり、スーパーのお総菜ばかりが食卓に並ぶようになった。さすがに夫も気づき、厳しく叱られたが、それにも上の空の“スマホ廃人”状態だったという……。

そんな“スマホ廃人”になる前に、あなたのスマホ依存度をチェックしよう!次のチェックシート項目に、とても当てはまる=4点、当てはまる=3点、当てはまらない=2点、まったく当てはまらない=1点、の点数をつけ、その合計得点で依存状態を知ることができる。

□スマホの使いすぎで、家事や仕事のパフォーマンスが下がった
□家族といっしょにいるより、スマホを使っているほうが楽しい
□スマホを使えなくなったら、我慢するのが大変そうだ
□スマホの利用時間を減らそうとしたが、失敗した
□スマホの利用で、家事や仕事で計画したことがうまく進まない
□スマホを使えないと、世界が終わったような気分になる
□スマホがないと、落ち着かずイライラする
□いつもスマホを使っていると指摘されたことがある
□やめなくてはと思いながらもスマホを使い続けてしまう
□夫や子どもからスマホの使いすぎについて不満を言われたことがある
□スマホを取り上げられたり使えないと、パニック状態になる
□スマホの長時間利用が習慣化している

【スマホ依存度】合計得点が36点以上の人はかなり深刻な依存状態。33~35点の人は依存症の一歩手前。32点以下の人はふつうの使用者。

実は依存のきっかけになるのは、何も秋葉さんが登録したような“特別なサイト”だけではない。ダウンロードすれば無料で始めることができるゲームにも、それは潜んでいるという。

「無料という“お得感”が主婦を引き付けるのでしょう。あの手この手でやめられないような仕掛けが潜んでいます。スマホ依存は、依存度が進んでいっても、家族にさえ発覚しづらいのが特徴です。それどころか、レシピを見るわけでもないのにスマホ片手に料理をするようになったり、トイレやお風呂にはいるときにも手放せなくなったりしているにもかかわらず、本人に自覚のないケースも多いのです」(前出・石川さん)

最終更新:6/14(水) 16:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ