ここから本文です

テネリフェ柴崎、プレーオフへ力強く勝利宣言 「昇格を果たせば素晴らしい瞬間が味わえる」

6/14(水) 7:20配信

Football ZONE web

クラブ公式サイトで柴崎のインタビュー掲載、プレーオフのカディス戦に集中

 MF柴崎岳が所属するテネリフェはリーガ・エスパニョーラ2部を4位で終え、1部昇格プレーオフへと駒を進めた。それを受けてクラブは公式サイトで「オープンメディアデー」として行われた柴崎のインタビューを掲載。柴崎は「クラブワールドカップ(W杯)とは違うが、自分たちが1部昇格を果たせば素晴らしい瞬間が味わえる」と力強く宣言している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 柴崎は今冬の加入直後こそ心身のコンディションを崩し、戦力に馴染むまで1カ月以上の期間を要した。しかし終盤戦に入るとトップ下の定位置を確保。第41節アルコルコン戦ではスペイン移籍後初ゴールを決めるなど高評価が続いた。現地時間13日の練習後、取材に応じた柴崎は、以下のように語っている。

「自分たちにとって目標の一つは昇格プレーオフへと進出することで、それを果たせて幸せに思います。ただ僕たちはとても重要なものを手に入れるための戦いの最中にいます。チャンスを得ているからこそ、まずは対戦相手のカディスをリスペクトしながら第1戦に勝利する必要があります」

 柴崎の名がスペインで大きく知れ渡るきっかけとなったのは、昨年12月のFIFAクラブW杯決勝、レアル・マドリード相手に決めた2ゴールだった。柴崎自身もその大会の名前を挙げつつも、テネリフェが臨む戦いに集中していると明かす。

「日本でのニュースは分かりませんが…」

「この戦いはクラブW杯とは違うものです。ただ、もし僕らが1部昇格を果たせれば、素晴らしい瞬間になるはずです。決定的なゴールを決められれば嬉しいですけど、最も大事なことはチームの勝利。まだ1部に昇格したらどんな感じになるのか想像はできませんが、素晴らしい瞬間であるはずです。日本でのニュースでどのように伝えられているのか分かりませんが、自分たちが昇格できるのならば、あらゆる手段を尽くしたいと思います」

 現地時間15日にカディスとのアウェーマッチ、そして同18日にはホームでの第2戦が控える。柴崎は2試合トータルでの活躍を見せて、1部昇格に王手をかける原動力となれるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/14(水) 7:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新